« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

雷雨

檜原村経由奥多摩周遊道路、朝練コース

出発時 晴れ・・・・奥多摩周遊道路入口 曇り・・・・・Dscf0004                                              

奥多摩湖近く 雨・・・・青梅街道 曇り・・・・帰着 雷雨                           

2日連続雨にたたられてしまった。Dscf0003 東京都の水瓶は万全だ。ラジオで大雨洪水注意報発令が告げられた。                                        

奥多摩周遊道理、登りは全開状態(でも40km)

下りでは立ち上がりで徐々に全開にもって行く、クリアーと行きたいところが、息つぎしてもたもたと。                            気が付くと、リッターバイクが音もなくバックミラーに写る、道を空ける。一生懸命ついていくが、二つ目のコーナーでは見えなくなる。下りではこの繰り返し、でも、バイクの性能を十分使っているようでこれもまた楽しい。

                                 本日の走行距離 100km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨明け直前

まだ梅雨が明けないけど、ちょっと夏らしい天気

かねてからの予定どおりMSL ゼファーに1400GTRを見に出かける。もちろん、最近都心ぐらいまでは雨蛙色のKSRくんである。KSRくん地面が近いせいか、アスファルトの照り返しをもろに感じる、ただエンジンからの熱は感じないので多少快適である。

環八をはいずり回って、目的地へ、試乗中の白のGTRとすれ違う。お店には、先ほどのパールホワイトと黒が試乗車、その他に道ばたに、ナンバーなしの黒の計3台が置いてあった。Dscf0001                                                                                               

ミラーとパニアケースが巨大に見えるけど、シートが絞り込んであるようで、ZZR1400に比べると足つきがよさそうである。ライトの上下とかいっぱいノブが付いている、おまけにキーレスである。Dscf0002 Dscf0003                                                  

3台ともコンコース14のサイドエンブレムでも英語とフランス語でチェックリストみたいなのが張り付けてある。                                

パニアケースの取り付け部をのぞき込み、取り外したときのイメージを描く、リアが寂しそう。ヘルメットホルダーがない(あたりまえか)

 ニョキッと伸びた、セパレート式のアップハンドルが異様である。カウルの大きさ(厚み)はBMWを思わせるツアラーだ。ZZRがスリムなのが解る。

試乗は2,500円也(高速試乗)なので眺め回しただけで終わり、いつか購入するときZZRと比べようと夢想して帰投

先週に引き続き、3時ごろから檜原村に向かう。でかけの天気予報どおり、五日市に着く前に夕立・・・・・無視して走る・・・涼しい・・・・ここから5km毎に・・雨・・・晴れの繰り返し

奥多摩の山々ははっきり見えるが、すれちがうバイクがカッパを着ている人が多くなってきたので、晴れてるけどやむなくUターン帰投する。KSR君泥だらけ、フェンダーが役に立っていない。家に付いて奥多摩方面を振り返るともう山は見えない、ほっ。

                   本日の走行距離 90km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ梅雨

来週中には梅雨明けというアナウンス

午後からようやくその兆しか、太陽が覗いた。3時間で帰ってこようと、檜原村に向かう

五日市に着く頃には、怪しげな天気。檜原街道に入ってから、後ろからZZR1400が迫ってきたので後に付く、その後、前に車がいるせいか、いっこうに距離が開かない、逆にオカマ掘りそう、KSRでオーバーテイクできそう。よく見ると、検査標章が新しい、新車!!納得

ZZRとは檜原村で別れて、あとは時間のゆるす限り、奥多摩へDscf0003_7 。奥多摩周遊道路に行き着く前にUターン、帰投進路

横田基地の近くで前走っていた外人さんのバイク、ナンバープレートのボルト位置にウインカー付いていました。(たぶんビューエル、点滅して初めて気が付いた)

           KSR 1,000km達成、リアフェンダー付近に共振が出るようになった以外快調、ボトムニュートラルにはまだ慣れない

                                              本日の走行距離 80km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

充電中

まだ梅雨が明けませんDscf0002_1

2台順番に、充電中

                        本日の走行距離 10 km                                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋滞

朝、目が覚めると曇り、台風一過とはいかなかった。7時頃になるとなんとなく晴れ

ZRXのフロントパッド交換実施、ついでにキャリパーピンもステンレスに交換する。天気予報では南は太陽が覗くということだったので、軽くR20大垂水峠を目指して、走り出す。フロント付近から回転音がする。いったん戻って、スピードメータケーブルを調整して再度出発、色々試してみると、パッドから出ていることが判明、安心してそのまま走る。フロントに新たに装着した、BT021も結構走行音が出ている。

 天気が良くなってきたので、今度は北に向かう(第1軽井沢、第2下仁田とする。)新青梅街道・・・渋滞、青梅街道・・・渋滞、回れ右して多摩湖越えでR430経由R299に向かう。所沢を過ぎたら渋滞・・・・・松屋で昼飯・・・・遠回りしていつものR299にようやく入る。(このときは目的地:R299とR462が交差したとこに変更)・・・・いつもは快適なR299もトラックが先導しているためスローペース、ハーレーチョッパーのコーナリングに興味しんしん(この時点で、行き先はR140ループ橋に変更)なんとなく雲が多くなる、山の上は雲の中・・・・・くじけた・・・・結局いつもの県道53に入り帰投Dscf0001_5 ・・・・KSRに比べて快適、ストレスなく峠越え・・・渋滞をさけるため、帰りも多摩湖越えを決意、遠回りで帰る。

信号待ちで、後ろに並んだアメリカンと青ブラックバードが話している、青ブラックバードのライダーの声が甲高い??少年のよう?しばらく走行して女性であることに気づく、きゃしゃな体で操っていることに新鮮さを感じる。そういえば、先週のもてぎでも、華奢な女性がCB750をステップをスリスリ走行しているのに感動した気がする。(アクセルon offが激しかった・・・エンジンが)Dscf0002 結局いつもの新青梅街道の渋滞にはまって帰着

本日の走行距離 138km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風

予報どおり、朝から雨、おまけに蒸し暑い!!

夕方、一時的に雨があがり日がさす。さっそくKSRを車庫から引き出しキャリア装着作業の再開、昨日取り付けれなかったのは、付属のスペーサーが長すぎたことが判明、ついにはグラインダーまで駆り出して金属加工、ようやく付きました、ライディングスポットのキャリア、純正とか、ラフ&ロードに比べてフレーム直付けのため、丈夫そうです。次はリアボックスでも付けよかな。

Dscf0001_4

また雨が降り出した。Dscf0003_6                                                             

4年前の機体を引き出してレストア開始、さてこれは何でしょう?

              

              本日の走行距離 0km(あたりまえか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風接近

台風4号ゆっくり北上中

どうも3連休、もろに台風の洗礼を受けそう

ビニール車庫の中で、KSRのキャリア装着開始

やすりと、ドリルの金属加工、今日はこのへんで勘弁してやろう。

月曜日午後ぐらい「台風一過」とならないかなと祈りつつ

               本日の走行距離 0 km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父彷徨

週間天気予報とまた異なり、今日も雨が降らない模様、”昨日のXR100との格闘で筋肉が痛い”

昼からKSRで、青梅市内を散策しつつ、いつもの「県道53」名栗方面に繰り出す

青梅市内を走ると、レトロな映画の看板がところどころに、「そういえばいつぞや新聞に載ってたような」・・・赤塚不二夫記念館の表示に惹かれるが、そのまま走行、名栗方面小曽木街道へ右折・・・・すごい上り坂・・・・・30kmまで低下しながら一気に登り切る、以後快調に走る、秩父への最後の峠越え、回転を落とすと、とたんに、30km、勢いだけで走る。

秩父でお食事をと考え、ちょっと足をのばす。秩父駅に到着し、食事どころを探すが、

前方に山に向かって一直線の道が見えたので、ついついその方向へと向う。Dscf0004 (写真は帰りの映像)山の上に色々構造物が見える。橋を渡り、一気に上昇、秩父市内が遠くまで見渡せる、山全体が、キャンプ場、グランド、ゴーカート場、プール・・・もろもろの施設、場違いのように秩父・・・箇所札所とか・・・・山の中を一周し、元きた道を下る(速い)、帰りも県道53、青梅街道いつもの渋滞の中を泳いで帰着  食事忘れた!

KSRは50km以上出せるようになり、幹線道も一人前に走行できるようになりました。

                                 本日の走行距離 130km

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツインリンクもてぎ

「HMSふれあいミーティング」に参加のため、ツインリンクもてぎ(Moto GPの会場)に行ってきました。曇り空のなか、外環道、常磐道と、リミッターが解除されているのを確認しつつ走行、水戸ICを降りて「もてぎ」への道のりも、Moto GPの時と比べて快適そのもの、コーナーをクリヤーしつつあっというまに、ツインリンクに到着

南ゲートでTEC-Rの会員証を見せると、おばさん一瞬不思議な表情を見せるが、思い出したかのようにリストを取り出し名前を確認、フリーパス、ほとんど人のいないツインリンク内を走行し北門に近いHMSに到着Dscf0001_3

空いていた、スラローム&バランスとゆっくりトレッキングを申し込む。

スラローム&バランスでは大変乗りやすいCB1300、慣れてくると一本橋の途中で止まったりし、インストラクターから「いい調子」と声をかけられるも、「時間計れなかった」の一言!!!

ここ「もてぎ」のHMSの車庫には教習車のVFRが2台あることを発見、Dscf0003_5 (教習車の識別番号はあるが普段使用していないよう)

参加費1000円に含まれている食事を早々に済ませ、試乗会に参加する

06,07CBRが長蛇の列(7人ぐらい)のなのでVFR,05のCBR600,1000でコース内を走行、普段の試乗会と異なり、距離も長い・・・満足

Dscf0005_5 VFRは独特なフィーリング、800CCのためか車重があるせいかイージーには走れないと感じた。(シフトが忙しい)

CBR600RRは、しっかりフィットという感覚、

 そして午後、「ゆっくりトレッキング」に参加、(地獄トレッキングもあり)SL230とか250のトライアル車のある中、まわりと同じXR100を選択する。(KSRより大柄)ウオーミングUPでは、楽しく久しぶりにテールスライド、そして山登りに、100ccを忘れて最初の急坂でエンスト、一緒に滑る・・・エンジン掛けて、乗らずに押し上げる(ズル)

次は道を間違え、上級コースに突入、100ccは登らない・・またまた一緒に滑る・・・ついでに添い寝

まわりを気にせず、昔とった杵柄でスタンティングスタイルに変更・・・スライドするのが楽しい・・・・帰りは他の参加者が躊躇するので、インストラクターに続いて走行、登れなかった急坂もローギアでバンバン、ズルズル・・・・後続がついてこなかった

Dscf0007 フルフェイスのおかげで汗びっしょり、いい運動でした。

帰り道は、「ビーフロード」という農道の表示に惹かれて脇道へ、右に左に快適に笠間まで走行Dscf0008_3 、以後自動車道に乗って日が沈むまえに帰着

本日の走行距離 350km

燃費ちょっと開けすぎ17kmぐらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再発見

朝曇り、昨晩の雨が残っている。

ラジコン飛行場の草刈りに朝からKSRで向かった。この季節、いつもながら雑草の成長が早い。10時頃終了、KSRの1ケ月点検に向かう。この頃から天気予報が外れ太陽が覗く

点検終了後、ならしを続行、川崎のラフ&ロード、府中の2りんかんとウインドショッピングに終わる。

帰宅する途中、800kmまであと少しということに気づき、トトロの森周辺に出かけた

トトロの森周辺は、グッドウイルドームへの道の他、二輪車通行止めという理不尽なとこである。ふと、脇道に二輪車通行止めの標識がないとこを発見、Uターンして進入、ご丁寧にも、縦溝が延々と掘ってあるおまけに減速塗装も。それがなければ道幅は狭いけどなかなかのコース、延々4kmの新たなる発見でした。もう一つ延々と続くものが、「御休息・・千円、お泊まり5500円」のお宿が10件近く、この裏道を抜けるとトトロの森側は二輪車通行止で、必然的に我が家の方向へ帰投Meter KSR 800km超過、ようやくならし第1段終了

60km/h出せる、やれやれ

   本日の走行距離 約70km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »