« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

林道その2

今日も暑い、いつもの県道53、今日は名栗フラットダードの挑戦は止めて、R299側への舗装林道に入る。峠までは登りonly、峠を越えると下りonly、峠に休息所があった。ついでに正丸峠経由で周回する。まったりとした日曜の午後でした。帰り道、名栗フラットダートの出口(自動販売機がある)でオフ車が数台、走ってきたといわんばかり砂まみれで休息中、昨日苦戦した拳大の石ごろごろは、始めのうちだけと雑誌に記載、今度は走ろう 

Dscf0001 酒屋帰り、自動遠心クラッチ車こんな使い道がありました。                    

本日の走行距離 100kmだと思う。                                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣馬街道再び

 昨日トラックにじゃまされた陣馬街道リベンジ、でもまずは、奥多摩朝練コース檜原村に向かい、奥多摩周遊道路直前で左折、R20上野原方面へ山越えする。ちょっと肌寒いぐらいの気温、正解!速度の落ちるKSRを宥めながら、サイクリストを抜きつつ峠越え、峠を越えれば山梨県、道は広くなったけどR163のように優雅ではなく、やっつけ仕事のような段差の激しいでこぼこバリアー、KSRではボトムしそうで速度が落ちる。

くそ暑いR20へ、藤野からは陣馬街道へ、登りは道も広い、トリッカーのお嬢さんとすれ違う、峠を越えると昨日の道、昨日道をふさいでいたトラックは最初のカーブを曲がりきれなかったことが判明、トラックは4t以上、この道は2t以下との表示何考えてたのか?またどうやって離脱したかも興味がわいた。

 夕焼け小やけの公園?で休憩、暑いDscf0003 、食事に家に帰る。午後日が傾いてから、朝練その2コースの途中にある林道(out rider別冊に紹介がある名栗林道)に向かう。林道突入、地面が柔い、速度を緩めるとスタックしそう・・・くじけた

林道出口の名栗ダム側に回り舗装林道を走行、どこに向かうか解らない日も暮れそうなので、十数キロ走ってUタ-ン、下りは速い。山奥の小川で語らう男女なぜかバイクはカブ、さらに下ると登りの時、すれ違ったスクーターとゼファーが止めてある、ライダーが小川で寄り添っている。男同士のであったはず。

                           本日の走行距離 200km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣馬街道

 西方面の抜け道開拓に、学生時代走った記憶のある陣馬高原へ向かいました。前通ったのは四半世紀以上前のこと、景色に全然記憶がない。でも間違いなく、道路がよくなっただけだろうと納得するような山道、ちょっと油断すると30km/h以下に下がるKSR君をなだめながら登る。和田峠まであと1kmというところで、脇道から出てきたトラックが曲がりきれず道路を完全封鎖しているのに出会う、人も通るすきまもなく、前進を断念してあえなくUターン、下り道は速かった、帰り道1,600km達成ようやくKSRのならし完了

 横田基地の横にくると、三脚、大型望遠装備のカメラ小僧が多数???無線機も持っている。・・・明日から横田基地フレンドシップデー、来場機をねらっているのだろう。暑いのにご苦労様・・・・

      本日の走行距離 70km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬬恋

雑誌の記事にあった、嬬恋パノラマライン(広域農道)に行ってきました。

上信越、松井田妙義ICから、今回は碓氷バイパスへ、曲率の大きいコーナーが多く、ついつい・・・R146を北上、万座ハイウエイに入らずしばらく直進すると、嬬恋パノラマラインの入り口が、高原に伸びるきれいな道、交通量もほとんどなし、おまけに快晴Dscf0003 Dscf0006、言うことなしでした。若干南ラインは農道らしく、トラクターの落としたドロが点々と。 小諸への峠越えは、峠を越えると良い道に変化、スロットルを空けずとも数km下ってきたような。

Dscf0011小諸からは日曜日走ったR141を南下、温度がどんどん上がり36度、R299十石峠経由秩父へ

最初数kmは快適、そのうち林道ではないかという峠道数十km、1時間ぐらい走ってようやく人里へ、御巣鷹山の麓、上野村(しばらく、有名な上野村とは解らなかった)に到着、ここからは以前走った道、秩父に出て、朝練コースの抜け道走って帰着

今日は、軽井沢周辺とR141を除いて、交通量がほとんどない道ばかり。食事するのも忘れて走ってました。

  本日の走行距離 430km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじライ第1回全国大会

Ozisan10295

18.19と”おじライ第1回全国大会”に参加、信州白馬に行ってきました。 合流地点の豊科スイス村に一番乗り、集結台数30台+四輪1台 5グループに別れ走行、関東組は最終グループのため、条件がいいと、総勢が見え、壮観でした。天気は数日前の予想が外れ、2日間とも晴天 特に2日目、トンネル内では高速走行しているにもかかわらずラジエーターから熱風が吹き付ける始末Dscf0082

 飲んで、騒いで、走っての2日間あっというまの出来事でした。幹事さんありがとうございました、そして参加のみなさん、また合いましょう。

 

              2日間の走行距離 700km

           (本格的な雨は家についてからでした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草刈り

 夏本番、早朝多摩川に草刈りへ。先週の花火大会のため、くずがいっぱい。木陰に入ると涼しい。2CYCLEの手押し車を駆使し昼前に終了。来るときは、中央道方面が大渋滞だったけれど、帰りはなんとなく車が少ない、きっとお盆のせいであろう。

 夕方、ぐるっとトトロの森周辺を走行、前方に夕日をバックに大きな山が見え一瞬?、よく考えると富士山そのもの、空気がきれいになっているせいか、レンズ効果かいつものより大きく見えた。

  本日の走行距離 70kmぐらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆前

あじ~、夕方涼みにお散歩、ついつい足が伸びて、奥多摩朝練コース一周してきました。

奥多摩湖側から周遊道路へ、登りが多く、いつもの最高速度40km、コーナー進入でGPZ900に追いつかれ、ひたすら白線キープ、意図を理解してようやく内側から抜いてくれました。平地では抜いてきた、青のおそろいCB400SFのカップルにも

コーナーはリズムが大切だと感じるこのごろ、GTR1400初見参

檜原村出口にはしっかりサイン会用の車両が停車してました。夏の夕方、西日を浴びて山の中の走行、まったりしたシュチエーションDscf0003 Dscf0002 Dscf0004

来週は白馬で宴会

本日の走行距離 120km @ KSR110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山

浅間、嬬恋方面鬼押し、万座ハイウエイに行ってきました。

松井田 妙義ICから旧道で碓氷峠へ、まさしく旧道、道は荒れており上下動が激しい。軽井沢に入ると、一変涼しく、すがすがしい気分となる。Dscf0011 Dscf0013 鬼押しハイウエイに入ると一直線、万座ハイウエイとあっというまに過ぎてしまった。志賀草津道路経由、白根山、草津温泉そしてR146経由北軽井沢へ。Dscf0035       

R146は同方向の車には数える程しか遭遇しない、自制心が必要な道でした。

北軽井沢から榛名湖方面への道は、同じようなタイトなカーブの繰り返し、おまけに車の先導付きで、初めて眠気を生じてしまいました。高崎に近づいてからは、雷雨、晴雨、雷雨、豪雨と暴風、おまけに関越は乗ったとたんに渋滞と散々な目に遭いました。

                              本日の走行距離 430km  レポートはおじライHPに掲載予定

                       (今から書かなくっちゃ)                                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明け

関東もようやく梅雨明けしました。

夜職場を出るとき、モアッとした熱気はまだ感じないとこみると、今年は冷夏かも                        今日もゲタがわりのKSR君で近所を走ったのみ。高速コーナーでひざすりのまねごとをしているのに気づく、10代、20代のころはまったく興味がなかったのに不思議である。                 

夜HONDA車屋さんから点検のお知らせと、新車への乗り換えのお誘いの電話があったが、ついつい次期FXの構想が頭に浮かび(車とバイクが同じぐらいの値段)バイクが勝ってつれない返事をした。・・・・宝くじ

Z1400っていうのも出るそうで、ZZR1400、1400GTR、Z1400・・・・・・・・

1台ならZRX1200がオールマイティ、セカンドバイクがあると個性のあるバイクでもと考えてしまう。贅沢な悩み

                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »