« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

シェルパの整備

 先週異音&玉切れが発生していたシェルパの整備を行った。

Dscf1682

アンダーガードを外して、ジャッキアップ

アクスルシャフト、前輪を外す

問題のスピードセンサを露出する。

Dscf1683 Dscf1684

なんか、青いグリースが塗られている。KSRの時のような、錆びはないようである。

Dscf1685 Dscf1687

 シリコングリースをシール部、センサ部に塗って復旧、シェルパのフロントアクス

ルは締め付けるだけである。クランプが微妙

 次は、切れたヘッドバルブの交換。フィラメントの断線は視認できないが、先週

買ったNew バルブに交換する。switch ON

 Dscf1686 Dscf1689

 林道を主に走っているせいか、アンダーガードが随分ダメージを受けている。

 次に昨年購入して出番がない、フロントスタンド、これにリアスタンド用の部品

も入っていたのを思い出し、分解して取り付けてみる。

 どれかの保管に使おうと思い3台のFit Check ちょっと大きいような気もす

るがさしあたって、KSRに常備とした。

(ZRX、シェルパの車庫は床が砂利なので断念)

 予定の作業も終わったが、今日は1週間ぶりにが顔を出したと思ったのに

午後からはである。 遠出はあきらめ、シェルパの試運転に近場に出かける。

しばらくすると、フロント部分から笛のような音がするようになった。

色々ためしてみるとタイヤの回転数に依存しているようである。

 止まって見てみるが外観上は異常はない。そのうちしなくなったが、注意して

いると、止まる直前と発進時に微かなこすれるような音がする。

 ブレーキだと判断し、家に戻りキャリパーを外して、車体を前後に押してみる。

音は変わらない。次にアクスルシャフトを緩めていくと、音が消える。再度、アク

スルシャフト、クランプボルトを順番に規定のトルクで締めつける。

 再度試運転、ほとんど音がなくなったが・・・ウ明日にしよう。

 Net検索していると、高速道路上限\1000の記事が出てきた。大都市近郊以外

 とは東名では、厚木IC以西、中央では八王子IC以西ということであった。いずれ

もいつも使うICである。 やはり東京の外れだと実感した。

Ra5010_2_3    本日の走行距離 30km 

  念願の皮パン(ハイブリッドだけど)購入、

  長男とお揃い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大菩薩峠

 2桁の気温となる、という天気予報を信じて多摩川の源流、大菩薩稜に

 出発前に、購入して1年が過ぎた、シェルパの整備、目的はリアパッドの交換

あっというまに分解、点検。残1.4mmまだ使える。

Dscf1657 Dscf1658 Dscf1659

Dscf1660 Dscf1663 Dscf1662

 オフブーツを履いて出かける・・・・・エンジンが目覚めない押しがけ2回でようやくその後はセル1発で始動・・・・走り出すと今度は規則的な音が・・・家にもどりブレーキを再調整・・・・音が消えない・・・スピードセンサーと確信するもKSRと違い、ちゃんとシールドされている。当てずっぽでシリコンスプレーを流し込む・・・・音が消えた・・・そのうち分解整備をしよう。

 今日は、最初から山の中に入らず、青梅街道を進む。青梅市街を抜けると、交通量は少なくなる。同じオフ車の後ろについて進む。奥多摩周遊道路の手前で右折、小菅村方面に向かう。道はOK、交通量まるでなし。軽快に右に左に、単気筒のサウンドを響かせながら進む。

Dscf1678

ギャートルズ村?

Dscf1665

通行止め

Dscf1666

東京都~山梨県~東京都

林道は東京都で、突然一部舗装に変化

Dscf1668_2 大菩薩峠登山道入口でジムニーに乗ったおじさんに声をかけられる。ここをベースとして往復4時間の登山したそうである。

Dscf1667_2 この先林道は凍結しているとか。おじさんによると地図上は道はないけど、工事の人が車で大菩薩峠まで登ったのを見たそうである。雪が溶けたらATTACKしてみようと思う。(ただ一人だと熊との遭遇が気になる。)

Dscf1669 Dscf1672 Dscf1673

「白糸の滝」歩いて5分と書いてあったので、ヘルメットをかぶったまま出かけるが、急斜面あきらめて戻る。この林道、フラットだけど雪解け後でMADDYでよく滑る、水たまりを避けつつ走行。ガレバにきたら安心して速度を上げてしまった。

Dscf1675 Dscf1674 Dscf1677

帰りはついつい、奥多摩周遊道路に。路肩には雪が積もっている。

Dscf1679 元気のよいSSが何台も甲高い音を響かせながら降りてくる。稜線まで上がるとさすが7℃、寒い この時期、路面の補修のための工事が何カ所かあった。譲ってくれた車、へんなところでブレーキを踏むので、思わず抜いてしまった車、バイク・・・五日市まで下ってくると空気が暖かく感ずる。 夕暮れになっても道路は明るくない、ひょっとしてと思いHiビームに切り替えやはりLOWが切れてしまっていた。

Dscf1681

¥2,640也 このとき、買ったときに付いていたyekkowバルブは違法だった(競技用)と初めて気づいた。

news:近所のDSが閉店していた。再来週はライコランドでドカの試乗会・・・今年こそ乗るぞ

本日の走行距離 185km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ冬です。

 先週の金曜日一番が吹き、一気に春かと思いきや、やはり2月寒い日が続きます。奥多摩の気温を見ても限りなく凍結の可能性が大

Dscf1655 暖かい2階でラジコン製作

ようやく、エンジン・カウリングが形を成した。

お次は、胴体の雌型作成この調子では

完成は夏頃になるかも。

 夕方KSRでお出かけ、近所のライコランドは、来週から店舗改装ということで、シンプソンのセパレート皮つなぎが半額etcウエアについては50%引きなんてのが並んでいた。

  一体型ETCを見ながら、シェルパに付けるべきか山遊び主体なので、取り外し式に出来たほうががいいとも考える。

 AraiのスーパーアドシスLボスト付き(曇り止めシールド)はメーカー在庫切れで入手不能であった。最近は雨の中を走ることはないし、来シーズンまでに入手できればよいと納得する。

 家に帰って、トップケースの騒音止めに取りかかる。ベースとトップケースの接続用の爪、蓋の一部に防振テープを貼って、がたつきを押さえる。しばらくは静かであろう。ついでにチェーン・メーカーのHPに刺激されて、チェーンの調整を行った。ところで、シルバー、ゴールドのチェーンは見た目だけだと思っていたら、シルバーはメッキでゴールドはさらにその上にメッキしてあるそうで、ベースに比較して腐食に強くなっているそうである。今度チェーンを交換するときは、ちょっと高いけどシルバーにしようと心する。

Dscf1656_2  先週、冷蔵庫の閉まりが悪いのでごそごそしていたら

本日new冷蔵庫となった。よく覚えていないが、10数年ぶ

りの更新のような気がする。

 中では定期的に氷がゴロンと落ちている。

 明日は気温が昼すぎには2桁に上がりそう、多摩川源流

にでも行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝動買い?

 昨日帰り道、駅のいつもの本屋で立ち読み

モト・メンテナンス?を開いたらが釘付け

いつも苦労していた、Fuel Hoseの取り外しが一発でできる工具が出ていた。

さっそく帰宅してnet 検索、思わず注文してしまいました。

120003 120003_3

衝動買い ¥1,150   

36078 せっかくだから、パッドグリース

¥490も購入

スケールが小さい衝動買い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷらっと

 春の陽気に誘われて、富士山一周を計画、だめもとで土曜日の夜企画を上げてみる。明けて日曜日、朝からがきた。Kさんが釣れたPCを起動して他にだれもいないこと&目的地の天候、気温を確認して一路集合場所、中央道藤野PAに向かう。一応、企画で上げていた集合場所、東京都唯一の道の駅にも寄って、だれもいないことを確認する。

 すぐ藤野PA着。いつもは、あふれるばかりのバイクがほとんどいない。二輪駐車場にはTDMだけである。TDMの目線の延長線上にはいつものとおりKさんが食事中であった。

Dscf1625 Dscf1626

 ちょっと、寒い中央道をひた走り、河口湖IC着、ETCの調子が悪いKさんをしばらく待った後、道の駅「鳴沢」に向かう。気温9℃

Dscf1627_2 Dscf1629_2 Dscf1613

 ここで、先週の写真を見て無料化していた富士山記念館に入ってみる。が、かつて料金を取っていたところはプテラノドンがいるだけで???お金払って入らなくてよかったと安堵する。富士山の成り立ちを勉強して(まわりに寄生火山が沢山あるとな)出発、樹海の中のK71に入る。気温9℃だから凍結していないはずであるが、路面が濡れていると緊張する。さすが、春の服装ではちょっと寒い。と走って次の目的地ミルクランド着

Dscf1630 Dscf1631

ここに来て、天候は曇り、おすすめはソフトクリームということであるが、さすがのKさんも手が出ない。娘さんのおみやげをいっぱい購入して、昼食ばしょ富士宮焼きそば「むめさん」に向かう。

Dscf1632 Dscf1633 Dscf1636

 先着のバイクは2台、お店に入り「二人」であることを告げると、すぐ離れに案内される。前回来たときとちがう部屋で、掘りごたつ形式であり、鉄板が置いてあるが、料理は母屋で行われていた。玉子入り\550を注文、さすが本場、先週の静岡の富士宮焼きそばに比べて抜群にいい。ちょっと満足して行程を進める。ここでKさんが花粉症か再発する。

 K71からK72に入る。さすがに富士山スカイラインはあきらめR469に入る。片側一車線だけれども広くて交通量すくなく(なし)信号なしという快適な道である。たまに舗装林道のようにもなるが速度抑制には丁度よい。

Dscf1637_2 Dscf1639

 道はいつしか富士山東側(裾野市)に入る。東富士演習場のススキ原を走りながら、オフに入りたい衝動に駆られる。ここにきてようやくまたが覗くが、は見えない。R246でちょっと町中に出てR138に入る。またまた山中湖に向け高度を上げていく。一定速度を保ちつつ、ノーブレーキで進むとついに、前の車から「先に行け」の合図をもらってしまった。山中湖に出るとしかしながら標高1,000m湖面を見て多少まったりこのへんにくると対向するバイクも多くなる。次なる目的地、道の駅「富士吉田」着、さすがに冷えた。

Dscf1643 Dscf1644 Dscf1646 

 以前から気になっていた、富士山レーダー記念館?に向かうが入場料\600ということで入館はあきらめる。ここでKさんに以前から頻繁にmailが来ていたので「仕事が大変だな」と思っていたら小さな娘さんからのmailとのこと、世の中進んでいる。時間も2時半、河口湖ICから中央道で帰路につく。都留に近くなるとかなり下ってきたのか、風が冷たくなくなる。最後の休憩場所「談合坂SA」着

Dscf1647 Dscf1648 Dscf1649

 ここちよい風のなか、多少まったりして東京の端に向かうKさんと別れる。

帰路渋滞なし。

Dscf1651

目立つカップルのFJR1300とFZ6

Dscf1653_2 

本日の走行距離  280km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

痛て

 昨日、春一番が吹いたらしい。おかげで本日の気温はぐんぐん上昇し23℃を記録した。Dscf1622

天気も快晴、いざシェルパで林道へと車庫から引き
出す。 シェルパのショートレバーは人差し指と中指で操作する。
しかし金曜日突き指した中指が
・・・終電車後の線路横断してこけた・・・

今日一日は我慢しておこう。

 左指にやさしい、KSRでお出かけする。風もここちよく、富士山も霞んで見えないのも春そのものである。多摩川の堤防沿いをうろうろして帰着

Dscf1623 本日バレンタインデー、職場の女性陣と22の長女

からもらった   渡すときの長女の一言

容器返してね」と

| | コメント (0) | トラックバック (0)

製作中

Dscf1618 Dscf1619 Dscf1620

  本日は朝からお出かけするような天気ではない。

昨日、白ゲルコート(いつも使用していた、クリアーゲルコートの半額

を仕入れてきたので、FRP加工を再開した。

 夕方KSRでお買い物、本屋で立ち読みしているうちにとなっていた。

天気予報とは降りだしが1時間ほど早かった。

Dscf1621

 昨年のMoto GPでもらったFlag  4メーカのうちKAWASAKIだけが小さか

ったけど、当分プレミヤものか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静岡B級グルメ?

 ZRXでの11月以来の長距離運行!東海のビ-エフさん企画の「静岡B級グルメツー」に参加した。0700フルフェイスなのに顎がしびれてくる程の寒さ、インナー着てくるべきだったと反省しつつ1時間ちょっとで東名へ、中井PAで”くまさん”と合流し一路集合場所の静岡ICに向かう。沼津あたりから入ってきたXJRの後ろについて走る、あまりにも快調なペースふと気が付くと”くまさん”の姿がどこにも見えない・・・・行き先は同じだからと、そのまま静岡ICへ一番乗り・・・・だいぶたってから”くまさん”からのmail「時間調整でSAで休んでます」とのことしばらくしてMV AGUSTAがインターから出てくる(あとで「ながやん」と判明、お初です。)次に道路の反対側に「や~さん」視認と同時に、ビーエフさん、すうさんが料金所を出てくる。や~さんの位置を示して誘導する。バイクを移動させようと停止線に止まると、逆サイドにくまさんが顔を出す、全員がそろう。

Dscf1584 Dscf1585 Dscf1593

第一目的地「すんぷ夢ひろば」に海岸線を通って向かう。この海岸線名物、JKのいちごの呼び込み、1軒目はぺんぎんの着ぐるみで目を引いている、2軒目は何かをくるくる回している、いずれも共通なところはJKが二人で、はにかみながらやっていることである。太平洋側にくると東京の朝の寒さはどこえやら、ぽかぽかしていい陽気である。視界もばっちりで海を見ながらまったりしてしまう。ひろい駐車場の目的地着、ここは以前閉鎖になり最近再開したそうである。時代劇セットのような感じである。

Dscf1587 Dscf1592 Dscf1588

場所にあわない服装のおじさんたちはぞろぞろ入村する。中には、伊勢のおかげ横町のようなたたずまいで静岡名物のお店が並んでいる。ただ伊勢のような風格はない。村のはずれは温泉であった。まず「静岡おでん」のお店に入る。

Dscf1589_2 Dscf1590_2

邪道だと思ったけれど、フランクフルトをチョイスする。するとお店の親父さん「これおすすめですよ」と低い声で・・・お味は・・・やわらかくなりすぎて魚肉ソーセージのようだった。てつさんのライターから始まった韓国旅行での話題でもりあがる。

Dscf1591_2 次は富士宮やきそばに、これは昨年本場で食したことがある。なんとなく本場より量が少なかったような気がした。

おなかがいっぱいとなったところで次ぎなるグルメ、浜松の「福みつ」(餃子)に東名で向かう。

 や~さん先頭でトンネル走行中、赤色灯とサイレンのセットが後方から突然速度は制限速度+αぐらいだし、緊急車両ということで道を空けてあげた。このとき先頭のや~さんはお縄を覚悟していたそうである。すうさんは冷静に違反となることは「何か」と考えていたそうである。バンダ車はや~さんを抜いて、しばらくしてから走行車線に入り走り去った。きっと急いでいたんだろうと解釈した。その後”すうさん”の観測では覆面もパンダ車にあわせて動きがあったそうである。この後しばらく良い子になったのは言うまでもない。ただ私は、風圧で緩んだミラーと格闘していた。(走りながら調整していたら限界を超えて緩んだ

浜松ICで降りて「福みつ」へ、店内は行列である。6人で餃子50個を注文した。

Dscf1596 Dscf1595

餃子は宇都宮か浜松かという論争をしながら完食皮の底はこんがり焼けているが、背が開き気味なことからなんやら半焼けなような気もした餃子であった。

Dscf1598 Dscf1599

時間も早いけど、東西に別れるということでここで解散、西に向かうビーエフさんすうさんと別れる。しばらく走って、高速で帰るという”くまさん”を浜松IC前で分離する。あとは、や~さん、ながやんといつものR1バイパスを走る。まず「ながやん」分離、島田市に入って「や~さん」分離、単独走行となる。焼津ICから東名に入る。がくっきりと見えている。ただ大沢崩れのせいかよりいっそう、宝永山?のでっぱりが顕著になってきたような気がする。富士ICで降りて白糸の瀧方面に北上する。富士宮やきそばの「むめさん」のところでK71に入る。しばらく走ると「県境凍結」の標識が見える。

Dscf1604 Dscf1608 Dscf1605

樹海の中のコーナー毎に凍結していないか注意しつつ、道の駅「鳴沢」着、どうもこの先渋滞しているようである。

Dscf1610 Dscf1613 Dscf1614

朝と同じようにしびれる寒さ、駐車場に戻ると隣の車がとても嵌っている。立ち止まっていると飼い主らしいおばさん(おねいさん)が声をかけてきたので「おどろきました」と答えておく。すると「この先渋滞ですけど、バイクだったらばっちりですね」と

夕闇せまる、河口湖ICから中央自動車道へ、いつもの渋滞をくぐり抜け八王子IC経由帰着

Dscf1617 や~さんの韓国みやげの「韓国のり」&本日の飲み物

スーパーでもなぜか、おねいさんから、「バイクですか、かっこいいですね」と声かけられた。

Dscf1616 Re-Fuel時、満タンにしてふと見ると、偶然にもぴったり

本日の走行距離 529km

Dscf1594

お疲れ~ ところで静岡A級グルメとは

ビーエフさん作成 Tanks
も一つ、帰りにMV AGUSTAに3台会いました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HARC-PRO

先週、査定したもらった時に言われたスイングアームの転倒きず、を探してみた。

よく見ると、端っこにわずかに当たったきずがついていた。普通なら気が付かない程度であった、さすがプロである。

Dscf1578 Dscf1580 Dscf1579

車庫から引き出したついでに、炭カリで腐食した、ラジエーターカバーを磨く左側はボルト3本で簡単に外せたが、右側はホースを外さなくてはならないことが判明し、取り付けたまま磨く。ZRXが終わったら、先日コンビニで更新してきた自賠責保険のステッカーをシェルパに貼っておしまい。

 HONDA輸送車でお出かけして、いつものライコランドの近くで、信号待ちする。左手には見慣れたbike shop、いつもはKSRでとすり抜けしていくところである。お店の看板を見てると鈴鹿の8耐に参加しているチーム名に似ている。家に帰ってNetで調べるとまさしく当たり急募comで有名なHARC-PROであった。ご近所にこんなshopがあるとは驚きであった。

Co_photo_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナス二桁

 寒い時にはより寒い所に行くべきでしょうと、またまた北海道

に行っ(行かされ)てきました。

Dscf1555

島のような雲・・・・

Dscf1569_2

海水のが大気温より暖かいため、水蒸気発生

昼間は-6度、夜間は-16度、このくらいになると”ぴりっ”と

して気持ちよい。特に防寒服装をする必要も感じず・・いつしか

寒さに強くなったようである。(まわりはモコモコ服装)

 夜間の露天風呂顔から上は-10数度、のぼせることもなく

長湯をしてしまいました。

Dscf1575_2

真っ直ぐな道

Dscf1557

いつもの ”きたきつね”野生が住み付いている。

(寄生虫を持っているため決して触ってはいけないそうです。

・・・・・北海道の常識

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本年初めての試乗

Dscf1550

昨日と変わって本日快晴 BUT  強風 でも2ケ月ぶりにZRXを出動させた。
行き先は隣町のKAWASAKI

09zr1200d9fa_blkb_2 本日発売のZRX1200 DAEGの試乗である。

冬装備(インナーなし)で出かけたがさほど寒くはない
ただ富士山が下まで真っ白に冠雪している。来週の
静岡お出かけは東名回りにしよう。

 30分ほどで、お店に到着、店頭にのぼりとZRXシリーズ、250シリーズの試乗車
が並んでいるが、人気はない。DAEGにナンバープレートが付いていることを確認
して、お店の中に入り、おにいさんに試乗したい旨伝えると、気軽に
準備が進む。ZRXを見て”査定しときますか””一応お願いします”と答えて
DAEGに跨る。
 odoメーター18km まさに新車である。速度計は180kmまでしか数字が刻んでなく
1100時代に戻ったようである。シートが若干高くなったようであるが、タンクとシート
部が細くなっており、足つきは、ほとんど変わらない。エンジンはZRX1200Rのゴリ    ゴリ感はなくなりアクセルが軽い。
 コースを聞いて走り出す、まったく違和感なし
 ハンドルが手前にきていること、メーター類がコンパクトになったことから同じフレーム
とは思えないほど、コンパクト感がある。またフィーリングも軽くアイドリング時の
エンジンノイズもほとんど聞き取れない。視覚的な難点は、ラジエータカバーが樹脂
製で安っぽいことか。スロットルがとても軽い、でもう一つ、シフトショックがほとんどない。6速クロスレシオも丁度よく車の流れをリードして走れる。
 7kmぐらい試乗してお店着、お約束アンケートを書いてから店主と思われるおじさんと
雑談した。最近どうですかと持ちかける。
 趣味のものだけあって車ほど売れ行きに変化のないこと、ただ、海外の中古車
買い付けが激減して中古車市場はだぶつき気味であること。昨年GTRは輸入数も少な
かったが、結構売れたことetc話しながら本日もう一つの目的、UP ハン仕様のZZRに跨らせてもらう。ZZRにメッキのバーハンは見た目異質だが、ポジションは
取り回しも問題なさそうである。ABS仕様の売れ行きなんかも聞いてみると意外に10台につき1台ぐらいということである。ZZRだけは中古で入ってきてもすぐ売れてしまうとか。30分ぐらい立ち話をして今度からはこのお店をベースにしようとも思った。をごちそうになって次の目的地に出発
・・・DAEGのフィーリングに似ているものを途中ひらめいたCB400SFである。メータ類
の視覚的な面、エンジンフィーリング、操舵性・・・1200CCというpowerは違うけど。

八王子バイパスを通り抜け、移転新装開店した、日本車のレストアで有名なUEMATSU

Dscf1551 に向かった。1階は整備場、Z1を始めとしてCBX,CB750,GS750が2階Z400,400ss,GT380,GS400が3階にならんでいた。この中で一つ発見が、Z1000MkIIのハンドルロックは別体式で、KSRと同じものが付いていた。同時期の国内仕様Z750FXは一体式であったのに。 

玄関ではGS400の納車のようで、引き取りにきている若者、バイクの仕様は旧車族風である。レストア車なんて旧車族もお金かけているなと思った次第

 強風の中、久しぶりにZRXでビューンと走って帰着

Zzr1400_08

  本日の走行距離 50km  ガソリン100円/L

Dscf1552_2 おまけ久しぶりに行ったFRP成形、ゲルコートが劣化して使用不能だったけど、ポリエステル樹脂とサーフェースマットで、なんとか雌型完成

 そうそう、ZRXの査定価格は距離走っているから新車価格の1/3でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »