« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

春なのに

 3月も末なのになのにYahooの天気予報は気温一桁新メンバーのリクエストにお答えして「富士焼きそば」を計画していたが、どうみても富士山西側は凍結している。目的地を河口湖、「ほうとう」の小作と定めた。でも朝になって暖かい伊豆なんてのも考えてみる。今回は従来のメンバーはだれも釣れなかった。バイクで数分の集合場所に向かう。に着信、Dscf1844

「えりりん」さんから「行き過ぎました」とのコールがある。場所を確認して向かう。走行時間5分で到着、微妙な場所で合流ということになりました。

(日曜日は空いている)

この時点で本日のコースはR411奥多摩経由石和、河口湖とする。ところで本日の装備はしまい込んだ冬装備(インナー付き)家の中では汗ばんだけど丁度いい状態、えりりんさんはちょっと薄着だけど女性(母)は強いのだろう。「初心者ですから」という言葉を信じて制限速度+をkeepして朝の青梅街道を走る。この速度、山の中であろうがずっとkeepしました。

Dscf1847 Dscf1845

第一休息場所(いつもの奥多摩湖)着、天気予報のせいか、今日はバイクがとても少ない。と・・・原2トライクがゴーカートのような爆音を発てて走り去るトイレ休憩その1

まったりとR411を南進する。冬の間にトンネルができショートカットコースが出来ている。柳沢峠に近づくと気温がどんどん下がる。ついには残雪すら現れる気温は真冬、空気がぴりぴり感じる。前の車が遅くてタイトターンでは失速してこけそうになった。

Dscf1852 Dscf1851

ここにくるまでの林道はすべて通行止め、きっと冬季閉鎖なんであろう。となりに駐車したZZR250気にしてなかったけど、えりりんさんから女性だったと指摘され、帰ってきたところを見たら、たしかに若い女性(娘くらい)でした。・・・バイクにしか目がいかなかった。

Dscf1853 Dscf1854

富士山がくっきり、はっきり、とても寒いことを実感する。750cc旧車族、400cc原チャ旧車族が出発したあと、柳沢峠を後にする(トイレ休憩その2)ひたすら石和に向かって下る。日差しがだんだん暖かく感じるようになってくる。下界の景色はとてもクリアーである。R20に出て一宮御坂ICに向け左折、河口湖への「御坂みち」に入る。交通量がとてもすくなく、かつ良い道でもさきほどから続けている+で走行する。富士山がでっかく見えてくる、ここまで全体が見えるのは久方ぶりである。(展望台で止まるべきだったとちょっと後悔)ここでも旧道は冬季閉鎖であった。

Dscf1857 Dscf1855

昨年team BOBのメンバーと来た、ほうとうの「小作」に入る。いつもながら盛況であるが2人ということで待ち時間15分程度で着席できる。外人さん(欧米人)もちらほら見えることからも有名な店であると確信する。

Dscf1856

豚肉「ほうとう」\1,300

十分な量である。

「えりりん」さんと世間ばなし、2年前に免許を取得したこと、子供の年齢、性別がほとんど同じということを知る。関西の「いしだじゅんいっちゃん」、若作り「フロク」どん、hama3さん、なんかの話題で盛り上がる。琵琶湖での体験からぜひとも無線免許をとろうと勉強する寸前であるとのことである。

「富士山を撮影したい」との希望で、もう大丈夫であろうと朝霧高原に足を延ばすこととする。R138をと、表示気温5℃でも日差しは暖かい、撮影ポイントに到着するも心配していたとおりが出ている。

Dscf1859

 道の駅「朝霧高原」で休憩(トイレ休憩その3)、ここもバイクが少ないが2輪駐車場内でミーディングをしているグループがある(ちょっと迷惑)。人の間を縫って駐車、「えりりん」さんの一言「こちらもミーティングしましょう」とこの気温ではさすが名物ソフトを食する気にはなれなかった。帰りはショートカットコースK71に入る。富士山に向かってまっしぐら。途中、空いていたので本栖湖が見渡せる展望台に立ち寄る。

Dscf1861 Dscf1862

樹海がよくわかる。

Dscf1864

 この後、鳴沢村で渋滞にちょっとはまりつつ、中央道河口湖ICへ向かう。電光掲示板はすでに「談合坂-小仏トンネル渋滞」の表示

 談合坂SAでトイレ休憩その4、ここで朝方出会った750cc旧車族は、しっかり「おじさん」であることを確認する。ハーレー軍団がまたもや登場そのままGSに、星条旗を立てているのにはちょっと疑問が沸く。でも軍艦旗立ててたら旧車族になってしまうかも

 談合坂から比較的流れている渋滞の中を走破、八王子IC着\800

 次回は間違えないように、当初の集合地点に戻って解散

 本日の走行距離 271km ( 22km/L) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

0泊3日

先方から、「朝来ていただきたい」・・始発で行っても間に合うかどうか夜行バスで行こうと木曜日夜近所の駅を出発する。

Dscf1803

明石海峡大橋の根本JR舞子駅着0700

(対岸は淡路島)

Dscf1806

お仕事先着、まだ開いていない

(うそ

道端で見つけた、割引チケットの自動販売機、ついつい大阪までのキップを購入する。元町と神戸あたりがだぶっている回数券2枚であった。大阪への帰り道、ついでに元町で降りて港に行ってみる。

Dscf1807 Dscf1815

Dscf1816 Dscf1817

あっというまに時間が過ぎて梅田地下街の待ち合わせ場所に・・・大阪駅改修中のためちょっと迷う

そう今回nackeysの肉食獣倶楽部に特別参加することになっている。待ち合わせ場所は「曾根崎警察署前」、名前のとおりの場所で待っているがだれも現れそうにない。地下のコミュニケーションセンターがよく待ち合わせ場所になっていたことを思い出し、地下へ入る・・・と・・・いました「いっちゃん」と部長の「nackey」が・・・再会を喜ぶ・・・しばらくして来ましたブティクの店員風の「ひでやん」以上4名でお店へまずは今日はよく歩いたのであっというまに空になる。「ひでやん」も数時間前から水分を取っていなかったとか。しばらくしてまんまサラリーマンの「にっしゃん」登場またしても今回飲んだかな

Dscf1822_2 Dscf1818 Dscf1821

Dscf1828 Dscf1824 Dscf1829

つきのない「フーさん」の話、平湯、富士山、伊豆でのキャンプ 計画etc・・・あっというまに2時間が経過、山奥に帰る「ひでやん」とバイバイしてちょっと喫茶店でコーヒータイム(4人とも同じものを注文・・世話がかからない)梅田で次回キャンプでの再会を約束してブレークする。

 三宮駅でを待っていると、みなさん続々と帰着のが入る。2310トトロの森行きのが来る。満員に近い、降りるとき判明したのが9割方女性であった。の勢いか発車してすぐ3時間ぐらい寝てそのあとは夢うつつ、暗闇の中、中央高速に入ってカーブの具合からだいたいどの辺を走っているのか想像がついてしまう。八ケ岳あたりが路面が悪く振動が激しい。6時過ぎご近所の駅着、車中2泊の出張終了

 今度は東京モーターショーに向け出発する。ゆりかもめに乗って1000国際展示場に降り立つがなんとなく人がすくないようで、場所をまちがえたのかもと思ってしまった。

Dscf1838 Dscf1839 Dscf1840

今回特に目新しいものはない。kawasakiのブースでは以前「社員かも」と思っていたKAZEギャルの藤原さんが今回も居ました。(09Er-6fは初めてだった)ぐるっと一回りして、アンケート3つ書いて混み始めるまえに帰途につく。

Dscf1843  リサイクルキャンペーンのアンケート記念品、昨年に比べて大きさが1/2であった。こんなところにも不況の影響が見られる。

Dscf1836  昨日、梅田の南海部品本社にふらふら侵入、お江戸では売り切れで手に入らないMAX-Vシールドを見つけてついついgetでもピンロックシートのセミスモークはさすが南海部品でも在庫切れであった。

Dscf1835  帰り際nackyに頂いた「みたらし団子」、丸ではなく円筒状の団子で形成されておりちょっと驚き

Dscf1842 シェルパのマグネットセンサー入庫、左が新品

明日は冬に逆戻り

| | コメント (3) | トラックバック (0)

春の嵐

 昨日とはうってかわって、から始まり東京マラソンが始まったころには小雨、ちょっと、ゴールすることにはとなってきました。ちょっと時にライコランドに一昨日outであった毎日先着100名のパーツクリーナーをgetしに向かう。久しぶりに輸送車のセルon予測していたとおりbattery outでも予備batteryありブースターで繋いでengine start・・・予備batteryとはラジコンスターター用、常に車載している。APUとでも言いますか。・・・そろそろ限界か・・・・次期輸送車はいかに・・・バイクのほうが気になる。

 NTTから電話がかかってきて、光フレッツに変更することとなる。先日電柱まできていることは解っていました、もちろん工事費無料。地デジについても勧められるが知識不足のため断った。そういえば昨日走っているとき、本店は「地デジマスター」がいる店なんて看板が掛かっていたっけ。携帯もmovaがあと1年、batteryがoutになったらと思いながら大阪以来の5年目に突入している、この際最後までがんばろう。

Dscf1800 Asahiの新しい発泡酒

発泡酒といえば、Asahiのaqua blue最近味が変わってしまったけれど、最初は特徴的な味で好きでしたcome back

本日の走行距離 0km HONDA輸送車は充電中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の陽気

 お江戸は本日の開花宣言とラジオから流れている。sherpaで林道出撃と行きたいとこだったけどマグネットセンサーOUT速度計が働かない。

 久ぶりにZRXで奥多摩に行こうと思い立つまずはsherpaの部品を発注するため、shopに行こうと思い開店に合わせて出撃する。部品が明日入ることを確認して(今日は土曜日だった。)奥多摩方面へ・・・ご近所渋滞・・・新道も旧道も渋滞・・・8kmを30分かけて走破する・・・この後いたるところで片側通行・・・年度末工事はやめたのではなかったっけ

Dscf1790 Dscf1791

今日は小河内ダム(奥多摩湖・・・東京の水瓶)の歴史なんぞを勉強してみる。なんと昭和の初期から東京の水不足解消のため建設が開始され戦争での中断をはさみ昭和30年代初期に完成したということを初めて知った(年長者)

Dscf1789

名物でもなんでもない。本日の昼食\600

奥多摩周遊道路に入ってもひたすらのんびりと走行、気温12度・・・本当は視界内にが沢山見えるので間隔を取っているだけ・・・・後続のバイクが追い越しやすいように走行ラインはコ-ナーの内側にベタッと張り付いて走る・・・結構力がいる

Dscf1794 Dscf1796

トイレ休憩数回、まったりしすぎたためか燃費15kmようやくいい季節になってきました。

Dscf1797

帰りもご近所渋滞

Dscf1798

2本サスの威力で酎ハイ2本を格納して帰投

Dscf1799

sherpaのプチカスタム

本日の走行距離 152km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォークオイル交換+α

 朝昼近くになるととなった。ライコランドの春のセールに出かけメスシリンダーを購入、これでようやくフロントフォークオイルを交換するためのTOOLがそろった。

 ZRXの交換を行うにはまだ工具が足りないので、練習も兼ねて、sherpa君の交換を実施する。

Dscf1779_2

クランプボルトが緩めにくいので

ライトハウジングを外す。

Dscf1782ハンドルがじゃまをしてトップキャップが外しにくいので、フォークをすこし引き抜いて下部クランプを仮締めして緩める。

 この間、19mmのレンチもボックスも無いのに気づいて、ホームセンターにKSRで買いだし

Dscf1783 オイルは劣化していないようだけど、やはり最後はスラッジが出てきた。

Dscf1784 万力でフォークを固定してオイル交換、ヤフオクでgetしたゲージでレベル合わせ

(適当なアルミ円盤があれば自作できたが見あたらなかったのでヤフオクで、でも市販品の1/2以下だった。)

Dscf1785早く終われとsherpa君がこっち見てるオイル交換はあっけなく完了、組立復旧、念のため前輪を回転させて速度計の点検、速度が変わらない再度ホイールを分解するとやってしまったのかマグネットセンサーにあるべき角がない。ハウジングを探すとかけらが1片でも角は2カ所のはずである。粉砕されたのか。先日来の異音の原因はこれでした。さすがにこれは部品交換しかない、明日KAWASAKIに発注しよう。

Dscf1786_2 Dscf1684

 1片の行方は最初に分解したときの写真を見て判明きっと前のオーナーがやってしまったのだろうか、最初から角が欠けていたようである。

 ところで今日はとても暖かくライコランドの帰りについついお散歩した。狭山湖の東側を走っていて学生時代の記憶がよみがえった、そのころは緑に囲まれた堤防だったけど現在は公園になっている。ちょっと懐かしかった。家の近くの交差点、対向の車(右折車)がパッシングするので「先に行け」と思い交差点を直進する。レーダー発見、近所では初めてである。KSR君の加速では無視された。家への脇道に入ると白いVFRが駐車してあり、さらにサイン会場が開設されていた。すでに数人がサインに応じていた。その前を軽快な音を立てながら通過

 明日も、先週の続きの林道探索はsherpa君のためZRXで奥多摩にでも行ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の発見

 昨日KSRでまったり走っていたらというものを見つけました。

Dscf1773

走ってきたとこよりりっぱな道

なぜかブロックに囲まれている。

Dscf1775

数十メートル先は行き止まり

Dscf1774 Dscf1776

やっと見つけた入口         出口  作りかけの道

Dscf1777

 C-17が駐機している。この道沿いでした。

Dscf1778 今年は4月になったMoto GPのチケット

が届いた。

印刷が間に合わなかったのか(昨年は

シール)駐車券は引き替え券であった。

  価格も中間ランクの指定席は

ところで、てつさんに倣っていままでの二輪車歴
1978_sp370_red_side_500

SUZUKI TS90(中古)18歳の時・・・・SP370の下取り
SUZUKI SP370(新車)19歳・・・・・・友人にゆずったらアフリカ旅行したとか。
KAWASAKI Z400FX(新車)20歳~30?・・・・ぜひともと言われ5万円で売った。
SUZUKI DR125S(新車)21歳・・・・Z400の車検代に変わった。
KAWASAKI ZRXII(新車)リターン・・・・ZRX1200の下取り
KAWASAKI ZRX1200R(新車)現在
KAWASAKI KSR110(新車)現在
KAWASAKI Super Sherpa(中古)現在

番外編(息子の)
HONDA CB400SF(新車)・・・CBRの下取り
HONDA CBR600RR(新車)

四輪歴
HONDA CIVIC(新車)
HONDA ODESSEY(新車)  YAMAHAが出てこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車検

 本日休暇、今年度は特別休暇を除けば有給は3日とった

だけだった。2週間ぐらい分消えていく。

 2回目のユーザー車検、近所の陸運事務所に朝一で出かける。

書類25円、重量税5,000円、検査料1,700円を払い窓口へ

書き方の手本がない?ずーと見渡すと反対方向に「ユーザー

車検窓口」というのが見えた。記入するところがマーキングしてあ

るだけのサンプルである。掲示物をよく読んでいくと、納税証明は、

陸運事務所の外に出て受けなければならないと書いてあった。

今回一番時間がかかったのはこの行為であった。

 書類を受け付けに出すとまず「おはようございます」とのあいさつ

から始まり(その昔はお役所窓口風だったと聞く)、「整備は後ですか」

と聞かれる。自分で記入した整備手帳を見せると「はいOKです。」

「二輪コースに行って下さい。」と指示を受ける。

 先週shopで聞いたときは、二輪検査場は工事中とのことであったが、

工事が終わったのか開いていた。

Dscf1769

それにしても、間借りしているような小さな建物、中はとなりと素通し

で広い。四輪はすでに十数台ならんでいるけど二輪は1台検査中の

みである。おじさんに紙ばさみを渡し、灯火類の検査を受ける。

 次にに排気ガス検査、今回は自分でプローブをマフラーに突っ込ん

で検査中のランプが消えて○の判定が出るまで待つ。

 次はローラーの上に前輪を乗せる、フットスイッチを踏むと、ローラー

が起動しグイグイグイとステアリングを取られる。両足で踏ん張りなが

ら40km針半分手前でフットスイッチを踏む、検査のおじさんがOKサイン

フロントブレーキを握りっぱなしにしていたらフロントブレーキの検査終了、

次は後輪を乗せて、リアブレーキの検査、ここで初めて前方に合否表示

及び指示が出ることを思い出す。もう一度ずるずる前進して指定の場

所に着くと、機械が寄ってきて光軸検査・・・・しばらくの沈黙・・・・ちょっと

ドキドキする。・・・・・前方に○印

 検査用紙を機械に入れるとパシッと印を押される。

 出口のおじさんに書類一式を渡すと、最後にゴム印が押され検査終了

Dscf1_2

 事務所に戻り、書類一式渡すと、係のにまた「おはようございます」

と挨拶を受け、受付1分もしないうちに新しい車検証と検査標章が渡さ

れ継続車検終了、受付してから正味30分程度であった。

Dscf1770

 新検査標章ちょっと文字が太くなっている。

 今回の車検にかかった費用

 重量税、検査費用、用紙代 \  6,725

 自賠責保険(24ケ月)     \13,400

  光軸調整            \ 2,340

  24ケ月点検          プライスレス

           (クーラント、精製水、リアパッド含まず。)

          合計           \ 22,465

| | コメント (2) | トラックバック (0)

群馬の林道

 快晴、暖かいかもで、GWの林道ツーの下見に行ってきました。

 出かけに、クラッチワイヤーの給脂をしようと、アジャスターを緩めようとすると

ポッキリと折れてしまった。切断面を見ると一部腐食の痕跡が残った部分

でねじ込んでみると十分ワイヤーが固定できる遊びはエンジン側のアジャス

ターで十分取れることが解り、何なく復旧、出発した。

 いつもの県道53をひた走る。峠にさしかかると、気温8度の表示である。

ちょっと寒い。林道に向かうまえに、5月にOPENするという噂の小鹿野町のバ

イクミュージアム予定地(クアパレスおがの)に寄ってみる。

Dscf1754 Dscf1753

 半開きの玄関から中を覗いてみると、BMWのR80らしい後ろ姿と、数台のバ

イクが見えた。噂は本当だったと確信するが、5月にOPENするのだろうか。

ちなみにこの施設、健康ランドであったようである。

 時刻は昼、小鹿野町といえば「わらじカツ丼」、安田屋ではなく3度目の東大

門に入る。1,500也で「ジャンボわらじ」という新メニューがあったがNOMALにし

ておく。

Dscf1756

 お腹が落ち着いたところで、一路上野村に向けばく進する。

 10台単位ぐらいのツーリング集団とよくすれ違う。今日は最後まで結構トラ

イアヌフに出会う。

Dscf1758 Dscf1764

 今日の目的は、中津川林道につながる上野大滝林道である。

地図を確かめながら進むと林道の看板が見つかる、が名前が違う。ツー

リングマップルには表示がない林道であるがそのまま進む。

Dscf1759 Dscf1760

だんだんタイトなカーブと、止まったら滑り落ちる急傾斜になってくる。

尖った岩を避けつつ登っていくとそこは行き止まり。下りは大変で、勢い

をつけると、尖った岩を避けることができない可能性があることから、1

速でひたすら滑り降りる。

Dscf1762 Dscf1763

舗装道路に戻り、民家があるとこまでくると、もう一本林道があることに気

づくが、「発破作業中」とのことで通行止めである。

(帰ってから調べると、この道が目的の上野大滝線であった。)

あきらめて、舗装林道ではあるが中津川林道につながる、金山志賀坂林

道に向かう。とてもいそがしい志賀坂峠を越えてすぐのところに入口を見

つけた。

Dscf1765 Dscf1767

この林道には現役の鉱山があり、雰囲気は昭和40年代の町ということであ

るがまたまた通行止め。あきらめて志賀坂峠のタイトなワインディングを

もう一度楽しむ。

Dscf1766 Dscf1757

 秩父市を抜け、寒くなった県道53を爆走(おかげで暖かくなった。)して

日没後帰着

 埼玉県のHPを見ていたら、群馬との峠越えの林道は4月末まで凍結の

ため通行止めとのアナウンスがあった。(現実は工事中かも)

 本日の走行距離 245km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道(その3)

Dscf1728

富士山を横に見ながらお江戸を後にして蝦夷地へ

Dscf1733 Dscf1739 Dscf1743

今回も迎えてくれました。このきたきつねくん、エンジンの逆噴射

を実施している際、勇敢にも前方を風に耐えながらお出かけして

いきました。

Dscf1735 Dscf1736

 帰りは雲上

Dscf1751

のお江戸に帰着

Dscf1752_2  生キャラメルのバリエーション版

 ”いちごバージョン”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真っ黒け

昨日と変わって朝からいまにも降り出しそうな天気である。降り出すまえに

Image28 ZRXで乗り出す。キャブの同調後なのでスムーズである。

もちろん、自賠責保険の更新と、光軸調整である。

このshop20歳のころにZ400FXを購入したとこである。

前回の車検前の光軸調整時に「随分横向いてますね」と

いう指摘から、カウルマウントが転倒時に挫屈していたことが発見できた。

 今回はメカニックのお兄さんに呼ばれて、光軸調整を一緒に行う。

 車検時は跨って測定を行うので正確さを期すため本人の体重に合わせている

のだと思う。終わって会計の準備をしていると、セルの音が。基本的な点検をして

くれているようである。なんか騒いでいるので見に行くと、「冷却液が漏れてます」

と・・・・ラジエーターキャップの下あたりのホースに緑のシミがある。

「昨日交換時オーバーフローした跡だと思います。(事実)」と答えると

「整備できるんですね、それではクーラントフィルターの掃除してください、快適になり

ますよ、あとスロットルの遊び調整もやって下さい」とアドバイスを受けた。

 クーラントフィルターは点検検査項目だけどマニュアルには文字だけでいまいち

場所が解らなかったとこである。場所を教えてもらい家に帰って早速分解整備。

Dscf1723 Dscf1725 Dscf1726

なんと真っ黒けチャンバー部分を見ると詰め物がしてある。?

取り出して見てみると、なんと”カーボン”である。いやはや驚いた。

4年分の堆積、この調子ではバルブにも堆積しているのではと思って

しまう。できれば定期的にシリンダーヘッドを開けたいが、タペットクリア

ランスをシムで行うKAWASAKI車、大がかりになってしまう。4気筒車だと

それなりの場所、工具が必要だし。・・・・・・・

 これで、車検に備えた整備は終了、自賠責保険が随分下がっていた。

 shopの情報で多磨陸運事務所の二輪コースは改修中で四輪コースで

検査を行うことが判明、混んでるだろうな・・・一応予約済みだけど。

 先週まだちょっと異音が出ていたシェルパを再整備して乗り出す

 ライコランドで12日から助成金制度の始まるETC、一体型とにらめっこ

してDUCATIの試乗車の後について店を出る。ここで1098は一人乗りだと確信

する。一体型ETCは盗難、いたずらと言う点でshopもあまり勧めていない

ようであった。(在庫多数)

 ジョイフルホンダに寄って帰着・・・高圧洗浄機が

Dscf1727 ジョイフルHONDAで焼酎ハイボールの新製品発見

もちろんget 1本100円也

本日の走行距離 30km   

新宿~青梅 ウオーク42kmをやっていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DUCATI 1098S

今日は朝から、予定どおり、近所のライコランドに出かけた。

Dscf1712 Dscf1711

そう、DUCATIの試乗会である。昨年もあったのだけど雨でお流れであった。

1098Sをチョイスしてみる。

Dscf1710 ホイと跨って、発進ドドドっとDUCATI独特の音

シフトアップブレーキスカっと、あるべきとこに無いような

一度止まって確かめる。リアブレーキに関してはこの後も踏んでいる感覚がほとんどなかった。

車の後ろに付いて2速でトロトロ左折したらエンスト、惰性走行中セルを回して復活

ドドドドっと近所を回って帰着。お店の人とお話する。

Q:1,000CCあるというようなトルク感もなく、低速性能も悪かったような

A:Lツインで同爆のため低速ではタイミングが悪いとぎくしゃくします。

 低速での左旋回も不得意です。DUCATIの良さは残念ながら今回のような町中の

試乗では解りません。

 好きな人はやみつきになりそうな個性があるバイクだと感じた。

 家に戻ってZRXの車検前の整備開始、本日は同調から始める。

Dscf1716 燃料タンクを取り外す。

新兵器のチューブ外しでなんなく燃料ホース

が外せた。

Dscf1713 今日はいまいち、片方のバキュームゲージが敏感になっている。

 微妙な流量調整をしながら、1,2 3,4そして左右の同調を時間をかけて完了

 どうも1,2番の調整スクリューがアクセスしにくい。

左右同調は、100均(でも315円だった。)で見つけた450mmのロングドライバーを使用した。それにしても点火コイル、ハーネス等ZRXの燃料タンク下のフレームにはぎっしりと中身が詰まっており、調整スクリューへのアクセスが大変である。

 次にはクーラントの交換。緑色の液体をドレンしてリザーバーを見ると、先週LOWERレベルだったのに中間レベルまで増えている。不思議

 water pumpのドレンボルトを緩めると、シュワーと音がして空気が抜ける。

Dscf1719_2 Dscf1718_2 Dscf1717_2

  フロントキャリパーを外して、お掃除して再組み付け。さすがステンレスピン汚れを取ると錆びなし

  各部のトルクチェック、最後にWAXがけをして終了。あとはSHOPでの光軸調整を残すのみである。

Dscf1722 Dscf1720

本日の消耗品、クーラント1.5L、蒸留水1.5L

ライコランドに行ったついでに、kawasaki純正ストリートセーバー購入、庭での作業にスタンドが地面にめり込まず、重宝

昨日、4月開催となった”もてぎ”でのMotoGPのチケット購入、90度コーナー席、昨年より値上がりしている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車検前の整備(その1)

 今にもが降りそうな天気の中、車検前の整備を始めた。

Dscf1690 Dscf1691 Dscf1692

リアブレーキの取り外し

Dscf1693 Dscf1695 Dscf1694

限界 スライドピンも磨いておく

Dscf1696 Dscf1697Dscf1698_2

ピストン、キャリパーを洗浄、グリスUP、最後にパッドグリスを塗布してNew パッドを組み付け。終了

Dscf1699 Dscf1700 Dscf1701

リアブレーキ、クラッチ液の交換、左右ピボット給脂

Dscf1702 Dscf1703 Dscf1704

スロットルワイヤー給脂、次に、左ステップゴムが編摩耗しているのを発見そのうち交換しよう。

冷却液がLOWERぎりぎり買いに行かなくっちゃ

とても整備しにくいリアブレーキランプスイッチを調整して本日終了

来週はフロント回りとフレーム&キャブをしよう。

Dscf1709 Dscf1708

終わったころが出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »