« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

楽しいひととき

Dscf7702a Dscf7705b

来週末

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うどん改めそば

土曜日、なんと朝からしかしながら前日の・・・・・

バシッと準備して”えりりん”さんとの待ち合わせ場所の近所のコンビニに急ぐ

なんとかぎりぎりセーフ、一路次の合流場所東京都で唯一の道の駅「八王子滝山」に向かう。

3697 Dscf2317

熊さん、Kさんと合流、涼しいところということで、陣馬高原を抜けて中央道上野原ICに向かう。

3a9b C5fc

陣馬街道は、陣馬高原というのに高原なんか通らない登山道のようなところを上る道である。峠には有料の駐車場。今回sherpa君だったのでちょっと坂が苦しいだけであるが、他のメンバーは大変だったかもしれない。でもここは2つある渋滞の抜け道である。

トコトコ峠を登りと下り程なく上野原IC着

82e3 と高速を・・・熱気が

sherpa君は全開走行しかし、他のメンバーは余裕であろう。助走を付けての追い越し

Dscf2318

ちょっと休憩

  河口湖ICから東海組との合流場所、道の駅富士吉田に向かう。浅間神社付近でちょっと渋滞、sherpa君のマフラーから”もあっと”熱気が伝わってくる。

  予定時間の15分前に到着、大さんからクイズのようなが届いていたのに気づく。あれあこれあでようやく大さん一行と合流、大さんZRXでと来ると思って音を聞いていたらsherpaでトコトコやってきたのに驚いていたらしい。

  とにかく「腹へった」コールが出て予定の地点まで行かずに、富士吉田市内で名物の「うどん」を食することにする。ツーリングマップルを見ると2km先にお店の記載があるのを発見、ツーリングマップルに記載があるのなら外れは無いだろうと確信して進む。それらしい店を視認(店の名前は忘れてしまってた。)結構地元の人と思われる人で混雑していたので「当たり」と大さんと確認する。

2fe1a お店の中は古い作り、古いエアコンはあるがまったく利いてない(あとから寒いので止めてあると聞く

8ac9 メニューを見て

うどんがない、裏返してもない

どうも数少ない「そば」屋に入ってしまったようである。

「うどん」は次回ということで・・・・・

Dscf2321 Dscf2322b

お店の玄関を開けたら涼しい風が食べ終わったら恒例の記念撮影

Dscf2323

ここで夕刻にデートがある大さん帰宅、残りの関東組4名+すうさんで山中湖経由三国、明神峠に向かう。

7_2 8130

ようやくが顔を出してきた。絶景ポイントで停車しようとしたが満員で走り去る。途中ZZR250とランクル?の事故を目撃、お巡りさんの誘導を受ける。ライダーは大けがのようであった。富士スピードウエイを通り抜け、R246道の駅ふじおやまにたどり着く。

Dscf2324 Dscf2325

しばらく「まったり」タイム、御殿場ICから帰りたいという「熊さん」を説得して道志みちで帰ることにする。

1257

小牧に帰る「すう」さんとはここでお別れ

いつもなら逆だったけど・・・

関東組は山中湖に向かう、なぜか随分渋滞、須走(自衛隊富士学校」あたりで渋滞解消

9e42 B72b

快調に走って道の駅「どうし」着、ここでもまったりタイム、若い女性がドカの1098を乗り回していた。以後も快調にたまに早いバイクに追い越されながら隊列は続く。前部を少破して動けなくなったなんかを途中で視認しつつも進む。

城山のあたりで渋滞に巻き込まれながらも高尾経由八王子ICへ、熊さん、Kさんを分離する。1900ころ出発点着、えりりんさんと別れる。

 走行距離 300km 

追伸 日曜日毎年恒例のラジコンクラブで予約した群馬の尾島にあるラジコン飛行場に出かけた。

Dscf2328 Dscf2332 Dscf2336

一日だったけど、夕方には腕が真っ赤、紫外線の強さに驚いた。

かたづけたころに

Dscf2337 帰りの関越道、東松山ICから入ったとたん渋滞

の中、カッパも着用せず走り去るライダーに「がんばれ」と声援したくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日曜日

昨日はだったのに一転朝から今日は夏至であるというのに・・・

RC飛行場の草刈りはもちろん中止ということで久方ぶりに、朝からラジオ

週間天気予報ではネガティブだけど、来週末のリーリングの計画を立てたりなんかしてみる。

夕方雨があがり、三鷹のnapsまでお出かけしてみる。停車するとシェルパですら、エンジンから熱気がモワ~と、湿度が高いせいでもあるのかもしれない。

napsでは、お目当てのマニュアルはまだ英文しか出ていないのが判明、英文だと頭が凝るので保留にした。

Babyfacezzr1400slider_01 netでこんなの発注した。従来品の2倍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ん!

今日はです。梅雨の中休み
朝からZRXをnomal形態に戻した。

Dscf2301 Dscf2302

Dscf2309_2 4年2ヶ月で51,300km

最初のころの月3,000kmペースは保てなかったがいままで所有したバイクではダントツの走行距離である。
いつぞや後ろに写っている13年物の走行距離を抜いてしまった。

shopのおやじさんには、「年式も新しいし綺麗なのに距離がネックだね」と評価された。

 本日の走行、久しぶりにR20、いつもながら、ラジエータ・ファンが一生懸命働いていた。ただ、腰下からの異音は出なかった(かすかに感じたが)
 もう一つの不具合、main sw プッツン現象は、関ヶ原の帰り、家の近くのGSで再発したが、batteryのマイナス端子が緩んでいることを発見どうも緩んでいると、starter sw on時の過電流でプッツンするようであることが判明した。Netでも同様な現象の報告があり。

Dscf7708_2

20%Lessポチット 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

グリーンウッド関ヶ原

”だい”さん企画 ON&OFF合同キャンプに行ってきました。

まずは、土曜日”フロク”さん企画の前座ツー、浜松の空自広報館にむけ出撃

http://www.mod.go.jp/asdf/airpark/

厚木ICから東名に入る。天気は、気温もほどよく快調に走行する。快調すぎて予定時刻の1時間前に着きそうになったので、牧ノ原SAで休憩

Dscf2251 Dscf2253

時間調整をして集合場所浜松西IC着1030、関西からの本隊は事故(見学)渋滞でまだ美合だとがきた。出口でぼ~としていると、救急車にはETCが付いていないこと、ETCの使い方がわからないおばさんetc色々観察することができた。到着したころはswitch onであった無線はoffにしてバックの中、このころ”フロク”さんは無線で呼びかけていたらしい

Dscf2256 Dscf2257

にっしゃん、フロクさん、てつさん、せいちゃんの4名到着、さっそく”鰻”を食べにいくことになるが、リーダー”フロク”氏あてがなく、おまかせ!となってしまった。

てつさんが色々提案してくれたが、いずれも浜松駅方面、駐車場も疑問だったので、4年ほど前の記憶をたよりに近くの鰻屋に行くことにする。しばらく走ると、電柱に鰻屋の案内が出てきた。

Dscf2260 Dscf2258

まさしく4年前に来たお店に到着、メニューを見てあれこれ贅沢に「鰻定食がいい」とか「サラダ」はいらないとか言いながら、結局注文はてつさんを除いて皆「うな重」

なかなかおいしくいただけました。

つぎはメインエベント 空自浜松基地の浜松広報館

Dscf2261 Dscf2268Dscf2265

オタクの”フロク”さんの本領発揮、今度は平日に朝から来たいという感想であった。

それにしても、これだけの設備で入場無料とは奮発したものである。時間もせまってきたので後ろ髪を引かれているフロクさんを引き連れ、一路関ヶ原に向け出発する。が、朝の事故渋滞が伸びている

 巨大な”にっしゃん”のGTRを先頭に12kmの渋滞を抜ける。渋滞を抜けたころ、宴会のため家路を急ぐ”せいちゃん”を伊勢湾道に分離する。また今度ね

 名神に入ると交通量も少なく、たまにGTRがダッシュするのに遅れずに付いていく。

Dscf2270 Dscf2272 Dscf2273

 関ヶ原ICを出て反対方向に行ってしまったのはご愛敬で、ほどなくして、すでに到着している”いっちゃん”と無線のコンタクトが取れる。

http://www.ip.mirai.ne.jp/~gws/

Dscf2274 Dscf2276 Dscf2279

 潮岬の帰りに速度計がトラブッた”いっちゃん”はで来ており、後部座席は食料庫になっていた。炭の着火に多少苦労しながらもその先はいつものとおり。はあっというまに無くなり、食材もつぎつぎ消化されていく。ごちそうさまでした。

 朝からだいさんに林道をつれ回された熊さんが足がつって倒れるというアクシデント、シュリーさんから今後のおじライのHPについて打ち合わせしたのははっきり覚えているが、その後は寝袋を用意していたが肌かけ布団状態で寝ていた。

Dscf2294 Dscf2296

Dscf2292 Dscf2297 Dscf2295

 本日の林道を攻めに行く”だいさん、熊さん、すうさん”の見送りを受け出発、関ヶ原ICで関西組と別れて一路東に単独走行となる。朝の気温がすがすがしい。途中、養老SAに向かう「ひま中」の面々とすれ違う、すくなくとも5台ぐらいはそれと認識できた。

 小牧JCTから中央道へ入る。諏訪湖付近で若干雨雲が出てきてうんざりする。

 山間部の高速コーナーで併走していたが突然車線変更をしようと接近してきたのには目を疑ったというアクシデントはあったが、いつもの渋滞にもあわず昼前に薄曇りの関東着

2日間の走行距離 839km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月ぶり

1ケ月ぶりに日曜日になった。

早朝から、KSRでラジコン飛行場の草刈りに向かう1100頃終了、帰り道中央自動車道の表示板には「渋滞」の文字が光っていた。

気温はぐんぐん上昇、出かける前に干しておいたテント、シュラフがしっかり乾いていた。

昨日点検したZRXの確認にいつもの県道53名栗方面に出かける。

先週日曜日に発生した腰下からの「がらがら」音は消えている。注意深く聞いていると、「コツコツ」感が多少残っている。走行時、power on時のみ発生するので発生場所の特定は困難だろう。いずれにせよ、先週の症状は消えている、ひとまずとしておこう。

Dscf2247 Dscf2248 Dscf2249

名栗湖で休憩したのち帰着

Dscf2250 ユニクロの企業コラボ今年のkawasaki第2段

ZRX1200DAEG、生地がちょっと変わっている。

本日の走行距離 100km(ZRX)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮岬キャンプ5/30・31

大阪?の”ひでやん”企画「潮岬キャンプ」http://www.kankou-kushimoto.jp/sub04_frame.htmlにようやく参加できました。

5月の連休以降、土日は天候不順、今回も当日早朝になって決行となりました。ただ、今回の予報はさすがの男”ひでやん”の御利益はいかにという状況です。

決行のアナウンスが遅くなったこともあり、予定より2時間遅れ7時に天候八王子バイパス経由で東名厚木ICに向かう、途中久方ぶりの雨天走行であるが、新装備MAX-Vシールドの威力を発揮、シールドの曇りはまるで無しただ速度が遅いので雨滴が飛ばない

静岡県に入ると富士川SAで休憩、天気にさそわれてかツーリング軍団がちらほら見える。

Dscf2166 Dscf2167

燃料がEに入るまで走ることとする。浜名湖SAでRe-Fuel、あっというまに愛知県、ここまでくると、交通量も多く、軽い渋滞表示のなか、伊勢湾自動車道を快走する。三重県に近づくころからが怪しくなってくる。

 第2名神に入る計画であったが、鈴鹿山脈の方向は雨雲ということで、このまま東回りで潮岬に行くことにする。

Dscf2168 Dscf2169

亀山PAで昼食出発、セルON・・・・ブス以後電源が入らない・・・ヒューズを点検するが異常なし一応メインヒューズを交換してswitch on ブオーン,何事もなく走り出す不安をかかえつつまたまた紀伊道の途中のPAで雨衣を着る、セルON・・・・ブス「いよいよだめか」と思いつつ一応手順を踏む、また何事もなくエンジン始動紀伊道終点でR42に入る。2回目のRe-Fuel,今度は正常に始動ヒューズではないことが確実となる。そろそろレギュレーターがお疲れさまなのか。

の中R42を走る、前方から白装束のVFR編隊が走ってくる。尾鷲に近づくとさすが日本一の降雨量の地、おまけにも出てきて、前のトラックにひたすら追走する。路面のミューも小さいのでリーンイン気味に走らせ、ほとんどエンジンブレーキだけで峠越え

熊野に入るとようやく待望のが出てきて、気持ちよくなる。

新宮に入る手前から堤防沿いの1車線のためすり抜けも出来ない、ひたすらおとなしく渋滞を抜ける、またまた、あと30kmくらい、バイパスをひた走る。1700頃串本着、市内で食料の調達、天候ここで、目的地のキャンプ場の場所をはっきり解っていなかったのに気づき、地図を取り出して捜索、本当に潮岬の先端であることが判明する。

ブイーンと岬を回ってキャンプ場着、バイクが数台止まっているが、見知ったバイクがいない

Dscf2172 Dscf2173

ひでやんからの買いだしに行っているとのこと、さらに芝生にポツンと2張りあるのが、ひでやん、いっちゃんのテントだと判明する。

Dscf2191 Dscf2180

テントを張り終わったころ、ひでやん、いっちゃん、しばらくして京都のはやしさん軍団が到着し、にぎやかになる。さらに広島に帰る途中のフーさん山の中で遭難しかけながらも到着した。

Dscf2174 Dscf2179

Dscf2175 Dscf2177

暗くなってからhama3さん着、KLX?で途中まで来たが、エンジントラブルで家に帰りCBに乗り換えてきたそうである。はやしさん軍団、途中で食した魚の頭まで持ち込んできた。日付が変わるころまで

Dscf2181 Dscf2182 Dscf2188

Dscf2185 Dscf2186 Dscf2187

Dscf2193 Dscf2195 Dscf2198

Dscf2203 Dscf2204 Dscf2201

066a シュリーさん軍団も合流し

ひでやん、いっちゃん、hama3さん、フーさんとR42を白浜方面に出発

Dscf2205 快晴の中、R42を快走

でもこのころから、異音が発生、いろいろ試していくと、エンジンの腰下、それもドライブ系統であると推測する。あと数百kmとなると多少不安になる。

 エンジンを開けるとなると費用対効果で乗り換えかなんてのも頭に浮かびつつも海岸線を気持ちよく走る。

燃料給油終了、switch on.....hama3さんの一言「ブレーキランプが点灯しっぱなしだった」switch 調整....ブオーン以後帰るまで症状出ず。

白浜でひでやん御用達のところで昼食

Dscf2206 Dscf2207 072a

これからに行くひでやんと別れて出発・・・フーさんが飛んできた

みなべICから和歌山道へ、SAで休息するいっちゃん、hama3さん、フーさんとお別れし一路大阪経由東京へ

久方ぶりの近畿道、前方に銀マットを積んだバイクを視認、シュリーさん一行と判明しランデブーしようとするが、阪神高速との分岐点に到達、挨拶して吹田方面に進む、名神に入り草津PAで燃料給油

Dscf2210 チェ-ン調整をして第2名神に入る。

第2名神、高いところを走っており、風が強い

名阪に入ると渋滞、ひたすら真ん中を走る

四日市JCTから伊勢湾自動車道-東名へ

軽い渋滞&浜松以降は事故渋滞の表示

日没になるとトラックのイルミネーションLEDが綺麗である。静岡大学?付近では花火が上がっていた。

関東に近づくとどうも雨雲、富士川SAで燃料給油、となりのbanditのお兄さんと、関東方面はと話し合う。

 厚木IC経由帰着2230、ちょっとおけつがおさるになった。

 異音のその後

 駆動系で外部から確認できるところは、ドライブギア、カバーを開けてだめもとで点検した。ZRXは油圧クラッチのため、ピストンを外さなければならないのがちょっと手間

Dscf2245 Dscf2246

油とドロがぎっしり清掃、ジヤッキアップしてエンジン始動、チェーンが周期的に横にぶれている?エンジン内部は正常のようである。

症状がわかる低速で走行してみるが、音は出ない、ドロが原因とは思えないが一応OK

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きたきつね

今年になって3度目の北海道行き

Dscf2222 Dscf2235

Dscf2229 Dscf2230

Dscf2218 Dscf2224

Dscf2221 Dscf2244

住民の”きたきつね”の家族が増えてました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »