« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

今年も「春なのに」・・・・・

一週間前の天気予報は日曜日

先週シーズン到来を告げたので、久しぶりに企画を上げた。

くんは諸般の事情によりリタイヤしたけど、冬でも走りたい「だいちゃん」

と若い「くまちゃん」が釣れた。

週末になってくると微妙な天気に変化、前日には日中で気温一桁になる。

行き先も表示、昼前に帰投経路に入れば大丈夫のようなので、目的地

は柔軟に変更することにして決行

 朝起きると、で寒い、冬装備してZZRで出かける。

 中央自動車道を走っていると、「事故車あり」の表示、相模湖に近づくと

・・・いつものとおりセンターラインを走っていくと、次々と追い越し車線

の車が車線変更・・・その先はステーションワゴンが前部を大破して2車線を

塞いでいる粉々になった部品を踏まないように慎重に通り抜ける。

運転手らしき人は、頭を抱えて座っていた。

 その先はと、集合場所藤野PAに入る。ここで先着2名の出迎えを受ける。

・・・実体は、暖かいZZRの熱が欲しかったよう

Dscf3984 六さんが参加するかもという書き込みがあったので

時間までダベリングする。

スクリーンまで黄色にしたK1200が入ってくる。

でも、さすが今日はバイクは少ない。

 くまちゃん情報だと、本日八王子ICの本線料金所前でサイン会が開催されて

おり盛況だったという。

 定刻、行き先を富士吉田の道の駅として出発・・・あっというまに到着

Dscf3985 Dscf3986 Dscf3990

だいちゃん、くまちゃんは家へのおみやげの調達に走り回る。

Dscf3989 Dscf3988 45136512_334504423

 なんとおこちゃまへのおみやげとか。奥様はカエルちゃんだったけど。

だいちゃん、くまちゃんは家が近所であることが判明して、だいちゃんの

TOP CASEに「カエルちゃん」はおさまる。

 ここで、天気は・・・変更した予定ではこのままR413道志道を帰る予定だっ

たけど・・・明神峠に行くことにして同意を取る。

 いつもの渋滞を辛抱強く走り、寒いけど、山中湖畔を回って籠坂峠、R246へ

気温3℃

「くまちゃん」のコールに「もう少し」と答え、道の駅「ふじおやま」着1200

Dscf3991 Dscf3994 Dscf3995

昼食タイム・・・1時間程まったり。予報どおり雨雲がせまってきたので出発

よく見ると、そのまた西は茜色に染まっていた。

 富士霊園の前で急に右折したからか、無線電池切れの「くまちゃん」が一時

行方不明になったけど、電池装着で富士スピードwayで合流、K147明神峠

に向かう。峠の入口には「チェーン装着」の表示が、無視する。

 峠付近はガスに包まれているのは視認できた。

 がんばって山登りしている自転車族に注意しながら高度を上げていく。

不思議にもバイクに出会わない・・・・予想どおり視界が悪くなった。

心なしか、路肩の雪が多くなってきたような・・・・・・

明神峠を越えこれ以上路面は悪化しないと踏んでいたが、心なしか

雪のない走行車線が狭くなってきたようにも感じる・・

速度は完全に制限速度で走る。

まだバイクに出会わない。道路は濡れている

三国峠に至り、晴れていれば絶景ポイントを恐る恐る下る、おまけに粉

このとき後ろの二人は、霧の中で記念撮影をもくろんでいたようである。

・・・くまちゃん、一人だったら引き返していたと・・・・・・先頭は路面の色を見ながら

・・・・・緊張した。

山中湖側に下るとようやく視界がひらけ、道路も乾いてきたのでペースを上げる。

でも気温1℃でも凍っていないようなのでのあとに続いて山伏峠を越える。

Dscf3996 Dscf3999 Dscf4001

粉雪降る中、道の駅「道志」着、天気予報では道志村は東京と同じ

のはずだったけど。

数人しかいない食堂で休憩、一人ブレンドを注文し他は缶コーヒー

ここでも二人はおみやげget

Dscf3997a ジャケトにはの固まりが

ここも、いつもはバイクでにぎわっているのに

駐輪場は我々の他には数台のみ。

これから東進は路面はよいと判断し、快調に走る・・・・が譲ってくれる。

道志道を抜けてしばらく行ったところで、横浜方面に帰る二人とお別れ

R16を走って帰る。

Dscf4000 気温1℃、粉雪舞う峠を走った

勇者?3名

本日の走行距離 214km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

充実感

以前から行きたかったとこ。先日たまちゃんとの話から即決断

ちょっと寒いけど行って来ました

http://www.motocrossgokko.com/

地図を持たずに出撃、同じような名前の交差点があり??

入間川(荒川)の河川敷には変わりないので、入間川の堤防沿いに進む。

Dscf3954 菜の花が堤防にいっぱい

寒いけど、春

Dscf3957 予想通り、すぐ目的地に着

モトクロスごっこを主催しているwest pointの

クラブハウスである。

受付のおばさんに名前をつげ、MXパンツ他の装具を身につける。

上着以外は全てレンタル可能であり、参加費の中に含まれている。

ヘルメットはM,S,Lの区分であり、サイズが合うのがなかったので

自前のヘルメットにする。もちろんゴーグルは借りた。

Dscf3967 明日大会があるとかで場内はMXバイク

トランスポ-ターでいっぱいである。

Dscf3958 Dscf3959 Dscf3960

ここでMXブーツを借りる。ただ26.5~27は酷使されているのかまとも

なものがない、自前のブーツを持ってくればとちょっと反省(バックルが

ないのは、履いてからガムテープ巻きされていた。)

本日の参加者20名程度、なぜか半分は外人さんの団体、残りは女性

と男性数名(若者2名おじさん3名)であった。

男性はXR100かCR80、女性はCR70が割り当てられる。

元全日本で活躍していたHONDAの福本?さんが社長&校長で軽快な

トークで話がすすむ、さすが福本校長、お年をめされたのでどっしり

した体型になっている。

Dscf3965 本日のインストラクターは全日本に参戦している

「ゆかり?」さんと大会のときは看護士に早変わり

する女性の2名であった。校長は明日の大会のため

駐車場の整地に忙しいとか。

記念撮影の後、準備体操、そして校長のオフ車乗り講習が始まる。

タンクの上に座る気持ちで、最後に足を出す、この二言で今日一日遊べた

話を聞いていくと、必要に迫られて行っていたスタイルが正解だったというのに

気ずいた。

グラッチもブレーキもプロは一本、だんだん増えていって教習所では四本という

のには何故か納得した。

講習の後は比較的フラットなところで周回(ターン)練習、外人さんほとんどが

オフ初心者のようである。また体がでかいのでXR100ではボリショイ乗り状態

体が慣れたところで、マッディな小コースに移動する。

外人さんとスピードが合わず、コーナーで失速したり、ドロに嵌りそうになるので

とても走りにくい。でも朝の校長の話を実行し、スライドコントロールが

次はチビッコが肩慣らししている、こぶのあるコースへ。

3mぐらいのヒルクライムの前が大きな水たまりで、ほとんどの参加者がいきおい

がつけれなくて、坂の途中から落ちてくる。このへんはお得意なので、だれもいない

ときにチャレンジ楽勝何回もやってるうちに調子こいて、スライドしながらヒルク

ライムなんて場面もあった。この時点では体力

昼になる。

Dscf3966 Dscf3962 Dscf3969

ここで、おじさん2人とお話、いつも相模川に走りに行っているという。

林道の情報交換したりなんかする。

構内をみると、いたるところに高圧洗車機が置いてある。トイレにも

ブーツのドロを落としてから入ってくださいとの注意書き、もひとつその

ための洗車機の使用は無料ですとも記述・・・良心的

午後はマッディな小コースを走った後、なんと本コースへ突入

Dscf3963 Dscf3972

この際と思い、インストラクターの後ろに付く、深い轍だけどこけても

大丈夫そう、段差は5m以上かスリルがある。必死で付いてく、さすが

全日本選手安定している。・・・一周でシッティング・・・体力不足

(先ほど知り合いになったおじさん一人は必死に付いていって最後は

前方三回転したとか

ゴッコ参加者には2,3名しか抜かれず、ひたすら高低差とテールスライド

を楽しむ、もちろんチビッコレーサーが来たときは、レコードラインは譲り

ました。

林道のとおり、横っ飛びしてもこける気がしない。いつしか何周もしていたら

皆さん集合しているようでブービーで合流・・・・ほとんどが一周で挫折していた

ようである。

次は休息したいですか~というインストラクターの問いかけに、rideと外人さん。

インストラクターのお姉さん、私一人ではみんなの面倒みれませんとな。

走れる人数名でサポートすることにして、午前中のコースへ行く。

Dscf3971 Dscf3973 Dscf3977

校長のデモ、後ろウイリーなんてのもあった。

最後のコース、結構みなさん休憩モードに入っていたので、タイミングを計って

ジャンプなんかも取り混ぜながら疾走、(ボトミング)ヒルクライムで横っ飛びし

ながらコース外に行ったのは内緒。とにかく体力の続く限り走る

Dscf3975 本コースを走っているちびっ子がほほえましい。

どうも初級タイムのようで、たまに大人が走っている。

保護者が交代で各コーナーで監視していて、こけて

おきれないちびっこをサポートしている。

ところで近所にもミニクロッサーが何台もある。うちのがきんちょ(もう成人)

にも昔させれば楽しかったかなと思うが後の祭り

Dscf3979 Dscf3980 Dscf3981

1500終了、インストラクターに洗ってもらう。この後モトパンはクラブハウス

まで行って返して終了。

インストラクターはカメラマンも兼ねている。おじさん3人組みと認識され

いつも組みで撮影されてた。

最後に「はじめてじゃあないですよね」

三人とも「初めてです!」

「え!三人とも慣れているようで目立ってましたよ」

「林道走ってますから」

「いいですね

本日の走行距離 84km(公道)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

kawasaki試乗会&夕暮れのお散歩

連休最終日は調布の味の素スタジアムでkawasakiの試乗会

今回は東方面なので、弟子から「近所のコンビニで待ってます」

弟子の家の近くに指定のコンビニ合った記憶がなかったのでYahooで検索

ちょっと離れたところにあることを確認して・・・でもあったっけという一抹の不安

と走って予定地に到着するも、・・・無い・・・付近を捜索するも・・・無い

しょうがないので弟子宅に向かうがすでに出た後であった。捜索範囲を広げて捜索

狭い道でまるで教習所のコースを走っているよう。最後に弟子宅近くに出て、ふと右手を

見ると指定銘柄のコンビニ、そしてFZ6発見、合流する。

今回新兵器のnaviをsetして味の素スタジアムに向け出発、30分ぐらいで到着

すでに数十人並んでいる。開門し受け付けを待っていると、はるか彼方入口付

近に特徴のあるジャケット発見

Dscf3937 そう、遠くからでも解る、アイドルキャラ

くんその人である。

今回くまちゃん、カエルちゃん夫妻も同行している。

Dscf3924 Dscf3925 Dscf3926

今回、密かに購入を考えているDトラッカー125と1400GTRをチョイスした。

Dトラ125:タンクがKSRより小さいので違和感、そしてエンジンも軽く吹き

上がるので非力な感じを受けた。装備を除けばKSRのがいいような感覚

1400GTR:これに乗るとエンジンフィーリングはZZRが尖っているように感

じた。なんといってもポジション(ひざの曲がり)が楽、1,000kmでも平気で

走れる感じ、ちょっとfull slottleぎみにしたけどZZRに比較すると加速がマ

イルド

Dscf3928 ところで弟子は念願のER-6fに乗車

最後尾で疾走

Dscf3935 もう一台はZ1000

1週目はおっかなびっくりのようだったけど、

2週目は乗りこなしているように見えた

昼食はロイヤルホストで

カエルちゃんとえりりんさんのトーク

くまちゃん一言「えりりんさん、カエルちゃんが二人いるようだ」

食事の後は会場散策

Dscf3941 Dscf3942 Dscf3929

ことしながら歩いてた。するとブースから名前を呼ばれて振り返ると

ラジコン仲間がなぜか自動車教習所のブースにいた。

一通り見て、解散となった。

弟子の無線機をセットしていると、別れたはずの「くまちゃん」が走ってきて

「バイク運んでくれる方いませんか」と???で現場に向かう。

くんが立後家で身を挺してバイクを守ったようである。バイクのキズは

左前ウインカーのみ、本人が肩を痛めたと言うことであった。

カエルちゃんの実家が近くということでバイクを預けて、くんを搬送する

ことにし行動開始

くんは本職「えりりん」さんが面倒を見、なにもすることがない私は氷を

買いに出かけた、あっけなく最初の交差点でコンビニ発見・・・おつかい終了

Dscf3944 Dscf3945

1時間ぐらいひなたぼっこして、横浜方面に帰るくんを送り出す。

時刻は1500日は高い、ということで弟子と二人で名栗湖方面に向かう。

弟子に無線チェックをするとの返答

R20は混んでいた。時間をちょっとかけつつも、R16横田基地を通り過ぎ、

いつものK53へ入る、ここでも多少渋滞、成木街道に入る頃からようやく快

調なペースになる。FZ6をバックミラーにとらえつつ、コーナーを右左、西日

がまぶしい

Dscf3947 Dscf3948 Dscf3949

ダムの上でFZ6で暖まりながらまったりした時を過ごす。寒くなく自然の

中でトワイライト?の時間を過ごすのもいいものだ。

ここで、送信不能の弟子の無線機を確認すると、送信と受信の周波数

が別設定になっていることが判明・・・・昔の高級機だと感心する。

日が暮れてきたので、RTB近所までは快調に走る。

そして毎度おなじみ御近所渋滞いっきに疲れが

Dscf3951 Dscf3952

近所のドトールでして別れる。ほっきゃいど~の日程が具体的になってきた。

Dscf3938 くまちゃんから「是非ともつるしてくれ」と頼まれた

カエルちゃん号、スクリーンもカエル色

Dscf3940_3        

                      本日の面々

本日の走行距離  134km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

林道シーズン開幕

いよいよ気温が上がってきた。

本日快晴、冬季はご無沙汰の練習コース県道53に繰り出すことにする。

Dscf3899 本日の装備はこれ

モトパンにブーツ

ジャケットはインナーを抜いた。

颯爽と出撃、そ、渋滞

新青梅街道も青梅街道も延々と続く。近所で30分以上費やし県道53へ

Dscf3900 なんと、ここも渋滞

原因は・・・道路工事

かれこれ1時間近くかけてクリアー

Dscf3901 Dscf3903

名栗湖を過ぎ、西名栗林道を南からアタック

Dscf3905_2・・・・・・・

北からに変更、県道53に戻る。

Dscf3906 Dscf3908 Dscf3907

とても気持ちがよい。休憩してるとセローが1台走っていった。

Dscf3912 Dscf3913

舗装林道に出たとこで、折り返す。いつもヒルクライムしていた、小山は回りに岩が積み重ねられていて断念。WR250数台のグループが走り去る。

Dscf3911 Dscf3914 Dscf3918

冬の間に荒れ放題、いたるところに倒木と岩が散乱していた。林道の保守は大変そうである。ガードレールをなぎ倒している倒木も・・

Dscf3916 北側の道路が続くかぎり行ってみる。

しかし、前回きたときと同じ、工事案内版を見ると昨日で終了の予定が一週間のびたようである。工事が完了している、次回が楽しみだ。

県道53に戻り、山伏峠へ。気温20℃の表示に嬉しくなる。

峠付近にはさすが路肩に雪が残っていたが、先週の奥多摩のようなことはない。

滑っても大丈夫のsherpa君であることもあるが。

R299に出て秩父方面、道の駅あしがくぼで休憩

バイクもほどよく駐車している。シーズンになると道の駅に入るのも大変なところであるが。

そよ風に当たりながらマッタリした後、RTB

Dscf3919 ずっと、ZRXとドカのモンスターの後ろについて単調に走る。

あたる風がここちよく、よそ見してると、すぐドカのお尻に食いつきそうになる。

御近所渋滞を避けるため、トトロの森経由で帰ることにしたがこのコースには西武ドーム(今名前はなんだっけ)の横を通るが、今日は開幕戦であったことを失念していた。丁度終了時刻にあたりこれまた大渋滞

本日の走行距離 134km 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ようやく開幕かも

今日は昨日と変わり、気温は一桁という予報であった。

朝、庭で自転車のパンク修理をしているとそんなに寒くない、天気は快晴

でやっぱりZZR

八王子ICから中央自動車道へ、いつもより混んでいなくて快調なペースで走る

ちょっと肌寒い感じ、冬のジャケットにすればとも反省する。

タコメータの針は回転数4,500rpmに張り付いたまま、笹子トンネルを抜け一宮御坂IC着

御坂道を河口湖方面に向かう。道ばたには、やはり

道幅が広いので、走行車線にはさほど水はでていない。交通量も少なくここも快調に走る。

峠の頂上の手前、タイトコーナーに入ると、日陰路面も濡れている・・・リミッターが働く

Dscf3877 Dscf3876 Dscf3878

昨年通り過ぎてしまったPA(やぐらがあるだけ)で停止、景色を楽しんで峠を下る。

河口湖大橋周辺では渋滞、その後、富士山の周回道路にはいる。

気温は表示を過ぎるたびに、1度ずつ低下、ついに一桁になる。

どこまで行けるか、道ばたにはもちろん、水たまりが多くなったら引き返すことにして朝霧高原を目指す。

Dscf3880 Dscf3886 Dscf3887

無事、朝霧高原着、比較的空いていて、休息所でひなたぼっこする。

帰りは路面状況が解っているのでペースアップ、本栖湖が綺麗であった。

昼食は昨年見つけた、吉田うどんのお店に行く。国道から離れたところでありあまり混まないと思っていたのが、本日盛況である。ひょっとして”あたり”のお店だったのかもしれない。

Dscf3890 Dscf3888

天ぷら&肉うどん \450 とてもリーズナブルだと思う。たしかに、道の駅よりはおいしい。

Dscf3889 目線を上げると、窓の外にはZZR

思わず、じっくり細部を観察してしまう。

満足して帰途につく。

河口湖ICから中央自動車道へこころなしか、あたる風がここちよい。

八王子ICで降りると、今度は若干暑いような。ようやくシーズン開幕と確信する。

本日の走行距離 250km

Dscf3891

| | コメント (2) | トラックバック (0)

pre シ-ズン

ようやく土日、晴れの天気予報、しかも気温も上昇冬眠から醒める時期である。

Dscf3857 ZZR出撃準備

天気予報は風が強くなるとか

でも ま! 大丈夫でしょうと

だめもとでR411奥多摩の先、柳沢峠を目指すことにする。中速コーナーが多くリフレッシュにいいかなっと。

新青梅街道を避けて成木街道経由で青梅に向かう・・・道路工事が多い、これは奥多摩に近づいても同じ、片側通行での渋滞多数発生、気温上昇、天気も良好、OIL交換してミッションタッチも上場

でも、奥多摩湖に近づくと、道ばたは

Dscf3858 Dscf3859 Dscf3860

間違えなく、柳沢峠は無理と判断し、先の道の駅に行き先を変更する。奥多摩周遊道路入口を横目に、R411を進む。

道ばたに積み上げられている雪が気温の上昇で溶けだし、コーナー毎に水の流れがある。しっかり減速、トロトロ旋回する。この連続

いつもならに追いつかれることはないのだが、今日は

水たまりの中に段差があり、横っ飛び一回

いつ路面に雪が現れるかと戦々恐々しながらも、目的地道の駅着、バイクも数台止まっている。

Dscf3862 Dscf3864 Dscf3866

食堂へ・・・限定豚玉天丼に誘われるが、完売・・・エビ天丼にしておく。バイクの持ち主は温泉に行ったのか見あたらない。一人、おばさんライダーらしい人がいた。あちらもこちらの服装を見てバイク乗りと認識したようである。声かければよかったかも

帰り道は路面状況がわかっているので、ちょっとペースアップ

道路工事渋滞に捕まりながら帰投、春ジャケットにユニクロでは暑かった。

Dscf3867Dscf3868_2 Dscf3872_2

帰りにライコランドに寄り道して、フロントタイヤ交換、8,800km保ちました。 Dscf3865

本日の走行距離 130km 燃費18km/h

| | コメント (1) | トラックバック (0)

竜泉寺&牡蠣食べ放題

東海組の宴会&牡蠣食べ放題に名古屋&伊勢志摩に出撃してきました。

土曜日曜ともの予報、もともと新輸送車の「ならし」ついでということで天気予報は気にしていなかった。

弟子の都合で、午後出発、Naviにお任せする。・・・・渋滞路線を選択され、中央自動車道に乗るまでいつもの2倍、ほとんど1400近くに中央道に入る。

甲府のあたりではなんとなく嬉しくなるが、すぐ小雨、恵那山トンネルを抜けると、そこはひたすら前走車に追従する。・・・走行車線に戻って道を譲ってくれるが、しっかり後に付く。なんとなくが小牧の近くまで続く。

春日井ICで降りる。西側は天気が良さそう。天気予報は「雨は止み、晴れてきます・・・が明日は雨です。」と

Uターンを1回して1720頃竜泉寺着、宴会に参入する。

Dscf3814 Dscf3798 _eucjp_b_mmriyi5qcgc_

NGが多かったので、写真はこのへんで。

や~さんが風紀委員であったことは記録にとどめておこう。

それと、HNの発音は2つまでというルールが定められたというのは定かではない。

EX 翼さんX 手羽ちゃん○

Dscf3809 FJR談義をする二人

Dscf3810 日帰りの熊五郎・・・(五郎とHN変更とか)

ジェイドさんが帰宅

その後、や~さんも帰宅したが定かではない。

翌朝0600起床、朝風呂へ(某弟子もすばやく入っていたよう)

Dscf3819 Dscf3821 Dscf3822

大さんと会合し、朝食を1時間ぐらいまったりと。・・・熊さんからはブーイングを受けた。

集合時間の0730ころ点呼を取ると、1名不明・・・・なんとゆっくり朝風呂に入っていたようである・・・・の時間から

定刻に2台の車に分乗、ビーエフさん(次回からビーエロさんと言うようである。)の待つ伊勢自動車道のPAに向かうこととする。

Dscf3824_2  竜泉寺で朝食を食べぞこなった面々、コンビニへ

このとき既にビーエフさんは、集合場所に到着してたようである。

513c D3b0

ビーエフさんの観光案内&HAMちゃんのやる気のない応答を聞きつつ、本日の目的地へ

Dscf3833 Dscf3828 Dscf3831

1fac Dscf3835 Dscf3837

制限時間は1時間、牡蠣は焼きすぎのものもあり、身がほとんどないものもあった。

ジョー語録「牡蠣と女は剥いてみないとわからない」と

Dscf3838 食べてる時間が惜しいと、食べながら並ぶ

おじさん&おばさん各1名

時間がすぎ、サニーロードをビーエフさん解説のもと展望台へ

Dscf3844 絶景

Dscf3846 De2b

記念撮影の後・・・退散

玉城ICから伊勢自動車道へ

Dscf3848 くま[関東]さんの行方不明事件発生!

後、特別室に入っていたことが判明

ここで解散となる。

以後ビーエフさんは伊勢湾道へ

すうさん組とは名古屋高速で別れ、弟子と熊さんを乗せ、中央道へ、

恵那山トンネル付近では昨日のの痕跡、伊那を過ぎる頃から、対向車は屋根に雪を乗せている、そして雨に白いものが混じるように見えてきた。

表示板は、「諏訪IC-小淵沢ICチェーン規制」

Dscf3849 Dscf3850

雪道になってしまいました。談合坂SAで休息後、八王子ICで降りる

Naviのリルートを楽しみながら川越方面の駅まで行き、くまさんと別れる。

後は弟子を送り届け帰着

2日間の走行距離 1,081km ならしは終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »