« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

顛末

sherpa君のパンクの顛末

早朝、まずはZZRのTop Case Baseの取り付け

Dscf0443 まだこの時点では

さてと、

Dscf8058 Dscf8059

ビードが落ちてる

ライコランドにKLXでチューブの調達・・・まだ

いろいろなものに目移りしながらもチューブ抱えて帰着

お昼・・・なんとなく

本格的に修理開始

なんかタイヤが変形してるようでなかなかリムアウトができない。

ふと見ると、片側のビードはしっかり張り付いている。

ということはタイヤはずれていない。片側のビード部はカーカス部が露出

しているのは何だろうかと

バルブ部が破損したチューブを取り出す。そとは

またまたライコランドに出かけて、片側のカーカス部露出による保持力

低下に備えて、本格的オフ車は装着しているリムストッパーを調達

Dscf8060_2

変形しておさまりの悪いタイヤを悪戦苦闘・・・力ずくでリムにはめ込む

Dscf8062 Dscf8063

完成

Dscf8064 Dscf8065

夕立の過ぎた街に繰り出し試運転

最初の交差点でスライドしたけど、以後、ハンドルロック気味の旋回

でも異常なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Top Case Base

別便で発注したTop Case Baseの装着

Dscf0438 Dscf0439

一度Bracketを取り外し、カムロック用の受けを取り付ける

Dscf0440 Dscf0441

Baseにカムロック(E Ringで抜け止め)、ダンパー、リアステーを取り付ける

Dscf0442 Dscf0443

Baseを付けるとこんな感じ

Baseはマイナスドライバー1本でクイックに取り外せます。

Dscf0444 Dscf0445

GIVI 26Lだとこんな感じ・・・まだロックしてません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万沢林道?

林道シーズンです。

今回はちょっと遠征を考えて見ました。

群馬県と長野県の境、1kmのストレートがあるという万沢林道、そして接続林道

として秋鹿大影林道を選択しました。

いつものとおり同行者はXRのおじょうさん、関越道高坂SAで待ち合わせ

Dscf0404 Dscf0405

軽い渋滞を乗り越え集合・・前から見るとsherpa君の方が背が高いけど

横から見るとXRのおじょうさんのほうが背が高い

気温が上がりそうな予感の元、関越道を制限速度以下で100kmは

月夜野ICで下りR17を

Dscf0408 Dscf0410

道の駅たくみの里へ・・ここまでは順調

最初の林道 秋鹿大影林道に向かう・・・が

コーナーを曲がると????パンクかも

Dscf0413

パンク修理中の写真はありません・・・あしからず

まわりを見渡すと、しいたけの原木の廃材が

さっそくジャッキがわりにしてパンク修理

たまちゃんの整備見学会の開催となりました。

原因は、最初にタイヤ交換したとき(2年前?)久しぶりだったのでキズ付けて

しまった補修パッチの剥がれ・・・高速走行が原因かと

この後、ちょとはしょったので、修復時にも・・・・

パッチがたりなくなったので、古いパッチを使用・・・これが後のパンクの原因となった。

今度自分でやりたいという たまちゃん は楽しく見学

ちょっと時間がかかったので、道の駅に引き返してお食事

Dscf0415 Dscf0412

よく見ると、町を形成している道の駅であった。

Dscf0416

仕切直しで秋鹿大影林道へ

地図のとおり行くが、いつしか獣道へ

スタックしたお嬢さんを救出して手頃なところへ下がってくると

Dscf0417

sherpa君が到着しました。

この後よくわからないうちにK53を抜けてしまい、万沢林道に向かうことにする。

気温28℃

R353を四万方面へ北上する。

数台前にオフ車が走っているので注視してるとそれらしきところで左折する

一応地図で確認するも??そのうちオフ車が戻ってきて

「万沢林道探してるの?この先だけど通行止めだよ」と教えてくれた

他県はあるのだが、群馬県はnet上に林道情報がまったくない

行けるトコまで行こうと決断し

XRのお嬢さんがすねている、アイドルが安定しない。

混合比が薄いように感じるが、シュラウドを外さないとキャブ全体像が見えない

のでエアスクリューの確信が持てない。

アイドルスクリューで誤魔化す(赤男爵のメカはXRの特性だと言っているとか)

Dscf0423 Dscf0420

ほとんどフラットな林道である。KTM1台とジムニー1台とすれ違う

もちろんサイン

最高地点1,300m付近は舗装道、その先、舗装道がときれたところが

通行止めであるので引き返す。でもこれだけで往復30km

Dscf0422

XRのお嬢さんの勇姿

sherpa君またまた空気抜けということで(林道のグリップ

Dscf0437

これ借りて、復活

修理後の手順として、林道に引き返して、高速走行してきました

冬季閉鎖が解除されたばかりだけど、はなく

熊注意の看板も奥多摩よりは格段に少なかった感じ

時刻は1500過ぎ、R353で関越道に向かうことにする。

Dscf0428 Dscf0429

道の駅おのこでちょっと、まったり

渋川伊香保ICに向かう

以後開通したばかりの東関道で東北道へ

走行中リザーブなんてなりながら、佐野SA着

Dscf0431

宇都宮ぎょーざ(5個\400)を買って、蓮田SAに向かう

「1個\80で売ってくれないかな」との声あり

蓮田SA手前で変な挙動・・・空気が抜けてました

80km/hで走っていればよいのに、周りに合わせたつけかも

もうこうなってくると、パンク修理剤は効かない

たまちゃん を送り出して、路肩を30km/hでとことこと

岩槻ICで下りてR16を我慢してとことこ

Dscf0435

こんなん(ビードが落ちてる)になりながらも無事帰着

本日の走行距離440km sherpa君で最長かも

*東関東がうまく表示されない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびり

本来は2日目のお出かけ

ラジオでは渋滞なしのはずだったけど

事故渋滞

抜けるとばびゅーん徐々に巡航速度80kt

&シールド洗浄休憩、今日は富士山が

Dscf0351 Dscf0353

CB750のおじさんとお話しつつ伊那へ

Dscf0355 Dscf0357

時間があったので、いつか東海組みと遭遇すると思い集合地点を過ぎて南下する

17361274_1132016794_188large Dscf0360

15分ぐらい走るとF650を先頭とした集団に遭遇

場所を見計らってUターンしてと合流

道の駅で何故か通り過ぎてしまった、○○mちゃん一行もいたけど

無事集合

Dscf0364 Dscf0362

伊那に向け

17361274_1132016765_71large Dscf0365

ごんべい坂を下る、標高1100m中央道の最高地点と同じ、ちょっと

ZZR2台でしんがりを努める

伊那市街に入ると、前方に黒いBandit・・・熊さん?

いやないよ・・・といいながら本日の目的地「たけだ」着

なんやかんやで3回目である。

17361274_1132016690_165large Dscf0381

カツ丼大中ツーショトを待ちきれない、還暦おじさんは

Dscf0378 Dscf0379

食事後にお店のおばさんにお願いしたけど

以後は関東組2名を引き連れて、R152を

Dscf0387 Dscf0388

途中まったりしながら、茅野に下り田舎道へ

NAVIにも無い道をくねくね走ったら宇宙人という称号が
地文航法をしつつ道の駅へ

途中サイン会が数ヶ所開催されていました。

Dscf0392 Dscf0394

来月のキャンプの話しをしつつ

Dscf0395 Dscf0398

双葉SAから入ってのつもりがいつもの渋滞

今回は一旦河口湖線に入りK35へ、途中工事中オフがあったけど順調に走る

海岸へ帰るHamちゃんを分離して上野原へ

ここでどうしてもお金を使いたい熊さん(この後渋滞で)を分離

してあきるのへの山道

夕暮れの山道を独り占めして帰着



| | コメント (0) | トラックバック (0)

SW-MOTECH

3気筒事案(プラグキャップの付け忘れ)の修復のついでに

昨日届いたTop Case BRKTの取り付けをした。

Dscf8043 Dscf8044

               Nomalの姿

Dscf8046

           リアカウルを外して(一部知恵の輪)

Dscf8047_2

フレームボルトの交換に工具BOXとECUにちょっと退いて貰い

タイトなスペーサーをコンコン位置合わせをして

Dscf8048

                         完成!

Dscf8050

              説明書に従って、シートダンパーの位置換え

Dscf8055 Dscf8056

               完成写真

Dscf8051 Dscf8052 

              外した部品

           ・タンデムグリップ

           ・シートレールボルト

           ・シートダンパー

Dscf8057                     

                      こんな、イメージ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とことことのはずが

久しぶりの気温も上がるという。

でもsherpa君がスローパンクチャー

Dscf8029

 早朝からせっせと修理作業、本当はチューブを交換したほうがよい

のだけどまたまた修理いつものとおりバルブ挿入で時間がかかって

 (その他の作業はあっというまにできるようになりました。)

なんとか午前中に終了、いい天気もちろん

 陣馬街道を進み和田峠を越えpoint

Dscf0315 Dscf0313

今日も霞んでいる

R20藤野の向け下降する。途中カブのおじさんにつっかかり

低速すぎて、思わずエンスト

藤野から水曜日走った道でR413を目指す

Dscf0317 Dscf0318

新緑が眩しいこれこそ5月である。

R413にでても今日はとことこ道を譲ってあげる。

考えてみたら山中湖方面に走ったのは2年ぐらい前だったような

なんか新鮮に感じる。

唯一のコンビニで昼食購入・・・がない

黒のFZ6Sが後から入ってきただった。

ふと二人思い浮かぶ

Dscf0319 Dscf0321

道志の湯

Dscf0322

直売してくれるとこ、事務所は知らなければとても解らない雰囲気

道の駅どうしを通り抜け

Dscf0323_2 山道をとことこ登り

Dscf0325 Dscf0326 

道志の森キャンプ場

なんかこの先林道のよう

キャンプ場の中をぐるっと回ってみる。

Dscf0327 Dscf0328

自然なサイトで、芝生なんてないが広場が至るところに

キャンプしてる”がきんちょ”に手を振りながら散策

Dscf0329 Dscf0334

とことこ走りながら、トレッキング状態

Dscf0331 Dscf0330

山全体がキャンプ場というようなところで、ぽつりぽつりと水道が設置してある。

シーズンには満杯になるキャンプ場だという。

今日は10組ぐらいでした。管理棟の位置を確認して

ちょっと戻って、都留へ抜ける道へ

とてもタイトコースだんだんスロットルがワイドオープン

Dscf0338 都留から大月へはバイパスが開通してました

このままR20に行かずにまたまた右折R413と平行している県道

横にはリニアモーター線

Dscf0339 Dscf0340

中央道上りはいつもながら混雑が始まってる

上野原でR20に到達して、またまた檜原村に抜けるくねくねコ-スを選択

Dscf0341 Dscf0343

今日は5月らしい気持ちよい日でした。

についたら

Dscf0346 Dscf0347

が増えていたけど・・・・枯れるんだろな

Dscf0344 本日の走行距離 200km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

26,000km点検

2ケ月半で4,500km、冬にしてはよく走ったものである。

冬はZZRはお休みと思っていたけど1回で走る距離が長かったのかもしれない。

今月も3,000kmぐらいが予測されるのでメンテナンス

Dscf8006

昨日近所のアストロプロダクトで購入\300したフライパンxオイルパン○

サクっとオイル&フィルター交換、オイルはあまり劣化していないよう

Dscf8008

おつぎは、エアフィルター洗浄・・前回K&Nのフィルターに変えたので

再使用可能タイプ

専用の洗浄液をかけて水道で洗浄・・・真っ黒な水が・・・・・

乾燥するまで天日干し

Dscf8016

待ってる間に、13,000km経過したplugも交換することにする。

Dscf8013 Dscf8010

Dscf8011 Dscf8014

右はキャプボルト、左は六角ボルトなんて一部設計上?の部分あり

本来同一行程ならば同じ工具でできるようにするべきである。

とちょっといつもの思考

先日バイク屋のメカニックにクイックファスナー(何種類もある。)

の取り外し方を聞いたのでスムーズにストリップが進む。

Dscf8015

砂がいっぱい

ZRXに比べてZZRは整備性が向上しており、燃料タンクを外す必要

はないが、プラグキャップが固い・・・ちょっと工具使用

Dscf8019 Dscf8020

No1(乗車して左)及びNo4以外は周辺のブラケットを外す。

ロックタイトが付いているのもある。

Dscf8023 Dscf8018

新しいplugはアンチシーズコンパウンドを塗布して組み付け

次はシャーシー関係の給脂

Dscf8021

サイドスタンドの分解、凝った造りである。

エアフィルターも乾燥したので専用オイルを塗布して組み付け

Dscf8026 Dscf8025

ウーパールーパーのような愛嬌のある顔

2006年4月にお台場でご対面したときは八目鰻なんて思ってました。

庭にシートを敷いて曳いて組み立てパズル

Dscf8028

完成・・・ラインテープを引き直しました。

昨年もGW中に同じ事したという記憶です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山(関西組迎撃)

<p></p>

<p></p>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »