« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

御頭付き鰻

東海の大爺が、一人でも食べに行くと立ち上げた企画

http://alike.jp/restaurant/target_top/106270/

気になるな、行こうかなと

木曜日状況がよいので、急遽オペした背中は突っ張ったままだけど。

(抜糸はまだ先)

暖かくなるという予報を信じて、東名高速に乗る。

002

003_2

005

由比PAで休憩・・・暖かい

富士山、山梨側は冠雪、静岡側はなしということで、東からやってくると

へんな感じ。

静岡ICで降りていざ、お店に

あれ???

ところでお店の名前覚えてなかった・・・住所のみ

電柱に鰻屋さんの表示を見つけて

一方通行なのでぐるりと回り

駐車場にバイクを止めたら

地元?のこぐっちゃん登場と同時に

本日の参加者が続々到着、お店の前を占領する・・・開店30分前

022

006_2

                                                わいわい、がやがや

Cimg7061_r

Imgp4161_r

近所迷惑なのでお店の中に案内される。

020

007


011


             企画者・・ちょっと太りました

012


                              メニューは定食のみ・・・鰻の御頭付き

                             関西風の焼き方で、とてもおいしくいただけました。

015


こんなんでしたけど

さかな君の色紙があったことは伏せておこう。

014

たれが絶品・・・これだけで食事ができそう。

013

009


016


017


ここで、関東組は東へ、東海組は西へということで記念撮影

019


                    楽しんでる

018


Imgp4188_r


関東組2台は一旦海岸線に出て東進

Imgp4193_r


023

027

道の駅富士で休憩

029

028

                                  沼津でR1からR246に入る。

                     まだ13時過ぎだというのに日が傾いてきてるように感じる・・・冬

031


                               道の駅ふじおやまで休憩の後、三国峠越えする。

032

                  山中湖からはいつもの道志道

033_2

道の駅どうしでののち、湘南の海に帰るに~にと途中でお別れする。

くねくねとR20に出て、和田峠越えで八王子に出ることとする。

038

041

035_2

040

                    和田峠直前のポイントです。

039

                     峠を下りれば八王子

                                           本日の走行距離 383km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日だまり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走った

以前案内しますよ~と言っていたのを思い出し

千葉が地元のむ~らんさんに房総半島を案内してもらうことにしました。

集合場所は京葉道路「幕張PA」、平行して東関東道に「湾岸幕張PA」

なんてのもある。以前「湾岸幕張」で集合なのに「幕張」に集合した

メンバーもいた。

我が家からは東京の反対側、首都高速の路線図を復習して出発

箱崎の周辺はすり抜けonlyで定刻の0900丁度に幕張PAに滑り込む

0730から来てたお嬢さんもいたとか、そして前日ホテルに宿泊してきた

長老も・・・む~らんさんはここまで5分とか

今日はとにかく「む~らん」さんについていくことにして出発

この幕張PAは京葉道路内であるが、前後のICから出入りすると無料とか

武石ICで降りて県道へ

001

003_3


快晴そして暖かい

004

005_2

どう走ったのかわからないけど1時間後、高滝ダム着

ちょっと休憩の後

006

007_2

ばびゅ~んと走り抜け

013

009

酒屋さん・・・

試飲コーナーがあったけどがまん、試食コーナーでうどんを食す。

ここのソフトクリーム、甘くなくて・・・でもあとからお酒の味が

ここからまた南下

015

017_2

018

019

道の駅三芳村で休憩

そこからは完成したての道へ

対向するバイクの音が甲高い

024

023_3

断層のお勉強

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »